鮎風遊の ホームページ         漢字一文字の旅のページ
     
改訂 
20121013
       20160102
       
       
       
 鮎風 遊  創作工房 『群青』
 トップページへ  群青


 
 
 
 
 
     
     
     
     
     
 漢字一文字の旅
 
 
 鮎風遊
 
 
 
 
 
 
 
 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。

脳の中でも歩ける。

 
 旅は道連れ、世は情け。 

皆さまからの熱い情けを受けて、御一緒にこの旅が続けられたら嬉しいです。 

お付き合いのほどをよろしくお願いします。
 


 
 
 
 
 
 
         
         
 
 
   
   
 
 
 
 
  漢字一覧   
 
  それぞれの漢字に飛んでください。   
     
  第一巻  
     
  第1~18章  
 
 
第1章                          
                           
第2章                          
                           
                           
第3章                        
                           
第4章                          
                           
                           
第5章                          
                           
第6章              
                           
                           
第7章                        
                           
第8章                          
                           
                           
第9章                           
                           
第10章                           
                           
                           
第11章                   
                           
第12章                
                           
                           
第13章              
                           
第14章                           
                           
                           
第15章                          
                           
第16章                           
                           
                           
第17章                          
                           
第18章                          
                           
                           
 
 
 
 
 
       
 
(壱) 
第1章  縁 京 機 宝 似 湯 
 
1の1  
   縁 
 
【縁】は(えん)と読む。また(えにし)とも読む。
元々の意味は織物の「へり飾り」だとか。
 
不思議なものだ。歳を一年一年重ねるごとに、人の一生はこの【縁】に支配されているのではないかと思われてくる。
若い頃、年寄りが「それは縁だね」と物知り顔で話していた。
それが今では、人との繋(つな)がりはすべて【縁】のように思われるのだから……。
 
『一樹(いちじゆ)の陰(かげ) 一河(いちが)の流れも多生の縁』
 
同じ木陰で雨宿りするのも、同じ川の水を汲むのも、すべては前世からの因縁。まったくその通りだ。
そして、かってこんな歌が流行った。
 
人は誰も愛求めて、闇に彷徨(さまよ)う運命(さだめ)
そして風まかせ Oh, my destiny
 
この「destiny」、それは「さだめ」だ。
そして、強いて訳せば【縁】。
確かに、【縁】は風まかせ。風が向こうから運んできてくれるものなのかも知れない。
 
だが教育学者の森信三は言う。
人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬遅からず、早からず。
しかし、内に求める心なくば、眼前にその人ありといえども【縁】は生じず。
 
【縁】は風まかせ、それとも求めるもの。
どちらも真実のような気がする。
だから、より一層、「縁は異なもの味(おつ)なもの」になり得るのだろう……、多分。
 
 
 
1の2
   京 
 
【京】は(ケイ)とも読む。
それは数字上で、兆の一万倍。
 
一京は、九、九九九兆 九、九九九億 九、九九九万 九、九九九より、一つ大きい数字。
そのためか【京】と言う漢字には、とてつもなく大きいという意味がある。
 
例えば、京都。途方もなく大きい都という意味となる。
したがって、飛鳥京も平城京も、そして平安京も、当時はいずれの都も京都だった。大きな都という一般的な意味で解釈されていたようだ。
 
それでは京都という今の固有地名になったのは、いつ頃のことだろうか?
それは随分と最近のことだ。廃藩置県後からとされている。
 
そんな【京】(ケイ)、数字としてはまだまだ日常的に使われるところまできていない。
一方、「兆」は、例えば日本の借金はざっくり一千兆円とか。またトヨタの売上高は十九兆円とか。このように、兆の単位は日常茶飯事に耳にする。
 
だが【京】の場合、最近たまたま耳にしたのが、次の二つ。
一つは、約二〇年後の二〇三〇年には、世界の株式総額が一京円を超えるとか。
 
また二つ目は、お隣りのアンドロメダ銀河まで、一、八〇〇京キロメーターあるとかだ。
 
こんな話題でしか、【京】は今のところ耳にしない。
したがって、日常生活への【京】の出番は、ここしばらくはなさそうだ。
 
 
 
1の3
   機 
 
【機】は〈はた〉と読み、織物を織る道具を意味する。
【機】は元来物理的に動くものであり、からくりもの、つまりマシンのことだ。
 
だが、そこから自由奔放に他の漢字を取り込み、いろいろなものを機織りしてしまうようになった。しかも時をも織ってしまったのだ。
例えば、「会う」を織って「機会」となり、「好む」を織って「好機」ともなる。
そして、止せば良いのに「運」まで織って「機運」ともなる。
 
だが英語では、この時間的な【機】、論理的に偶然の機を「chance」と言い、偶然でない機を「opportunity」と区別して使う。それが一般的だ。
 
やはり日本人は情緒的なのだろうか、どちらの【機】も好き。
偶然も偶然でないものも、全く無視。
 
だが、こんな【機】だけは勘弁願いたい。
それは『危機』
せめて一言後ろに添えて欲しい、『危機一髪』と。
 
そんな【機】に目が離せないのだ。
 
 
1の4
   宝 
 
【宝】は、「ウ」冠の下に「玉」。
つまり家の中に、希少で美しい玉があるということだ。
 
そして、旧字体では【寶】と書く。
家の中には、玉(宝石)や貝(貨幣)がざくざくあるということらしい。
 
庶民の生活では、「玉」は半熟の目玉焼き。「貝」は、シジミのインスタントみそ汁。それをすするのが関の山なのかも知れない。
家の中に宝石や貨幣がざくざくなんて……、羨ましい限りだ。
 
そこで一念発起して、一攫千金の宝探し、そう、トレジャー・ハンティング(Treasure Hunting)となる。
大海賊キャプテン・キッドが、約三〇〇年前に金銀財宝を埋めたとされる宝島。それは米国ニューヨークのロングアイランド沖にある小さな島、ガーディナーズ島だ。
 
そして金銀財宝が眠るその場所は、
「北北東より1ポイント北に位して、遠眼鏡の肩、高い木、髑髏(どくろ)島東南東微東」とされている。
 
グーグルマップの航空写真上では、すでにその在処(ありか)のマーキングは終えているのだが……。旅費がない。
 
だが、そんな夢を追っていることが……心の【宝】なのかも知れない。
 
 
 
1の5
   似 
 
【似】は、(とうばる)とも読む。その意味は、貴人の容貌に似ていることとか。
 
そして、世間でよくあるのが、『似たもの同士』
これは貴人の(とうばる)ではなく、単に振る舞いや性格、そして考え方が似ているだけの話しだ。だが、なかなかいい言葉だ。
 
こんな似たもの同士、なにも人間だけではない。宇宙の星にもある。
そして、地球にもその相棒が存在するとか。
 
約二〇光年離れた天秤座に、太陽に似たグリーズ581という恒星がある。その六つある惑星の一つに、『C』なる星がある。その星こそが第二の地球、『似たもの同士』だと言われている。
 
ただ、その第二の地球、自転していない。そのために、太陽(グリーズ581)に面している部分は摂氏七〇~八〇度ある。また、裏面は氷点下だそうだ。
 
だが、心配は御無用。
その裏表(うらおもて)の境目にある二〇度の温暖の帯、それがぐるっと星を巻いている。そこに人間、つまり我々の友人たちが住んでいる可能性が高い。
 
ひょっとしたら、第二の鯉風遊というヤツがいて、今日もアホな小説を書いているかも知れない。
 
そんな『C』星の景色、それは多分、星の表と裏の境目だから、太陽は天高く昇らず、一日中美しい夕焼け状態だと言う。
そんな第二の地球の『似たもの同士』に逢いに行ってみたいものだ。
 
ただ……【似】て非なり…でないことを祈りつつ。
 
 
 
1の6
   湯 
 
【湯】、それはかって、町の銭湯ののれんに大きく書かれてあった。
それをくぐり、番台でお金を払い、脱衣所へ。そして引き戸を引き、ワンワンと声が響く浴場へと入る。
すると、そこには美保の松原の絶景があった。
 
時代の流れとともに、そんな町の銭湯は衰退し、【湯】という字を目にすることが少なくなった。
しかし、たまに目にした時、不思議にほんわかとした気分になってくる。
 
日本人は風呂好きで、九割の人が三八~四二度の湯を好む。
だが、もう少し仔細(しさい)に分類すると、リラックスするためには三八度と低めが良い。
 
肩こり解消には四一度らしい。そして、朝起きてシャキットするには四二度が一番。
 
それに比べ、お茶の温度は玉露が五〇度、煎茶は七〇度、そして番茶は熱湯と幅広い。
そして同じ【湯】でも、焼酎お湯割り。絶対に六〇度と頑固一徹の輩(やから)がいる。
 
また、燗酒が一番美味しいのは人肌。しかも温(ぬる)めの燗が良い。
人肌であり、かつ温めって……、三五度くらいのことだろうか?
 
愛人でもいれば、確認できて、デレッと嬉しいのだが。
そんな妄想に、今夜は四二度のシャワーで……喝!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 一樹の陰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 1億円
 
 
 
 1京円は、
これの1億倍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 アリー・カサット
「機織り機のリディア」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 宝島の地図
 
 
 
 
 ガーディナーズ島 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 グリーゼ581
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 歌川広重

三保の松原
 
 
 
 
 
 
       
 
弐)
第2章  純 穴 丼 波 麝 梅
 
 
2の1 
   純 
 
【純】、汚れがないこと。
「純愛」、「純真」、「純情」と熟語を作る。
英語ではピュアー(pure)。日本語のジュンと同様に響きが良い。
 
【純】は、元々厚織物の端に垂れた混じりけのない単色の糸のことらしい。
 
しかし、こんな【純】、「糸」と「屯」に分解できる。そして語源を辿(たど)って行くと、この「屯」、なかなか大したものなのだ。
地面を突き破るために、草の芽が頭をもたげる様。地中でぐっと力を溜め込んでいることを言うらしい。
 
「糸」の横にこんな力強い「屯」が貼り付いて、「糸」が秘めた力を持ったことになる。
したがって【純】、本来はまことにパワフルなのだ。
 
例えば、「純愛」、「純真」、「純情」。
現代の流れから行くと…それらは美しい。しかし、何か弱々しさを感じ取ってしまう。
 
だが、【純】は元来充分過ぎるパワーを保持している。
だから、人生の旅路の果てに、たとえ満身創痍(まんしんそうい)でヨレヨレだとしても、「純心」でありさえすれば、清々しく、かつ力強く生きて行ける。
 
なぜなら、そこにはまだまだ新芽噴く 【純】パワーが残されているからだ。
 
 
 
2の2  
          
 
【穴】、中国の黄土地帯では地下の家に住んだ。その土の部屋への入口の形だとか。
 
不思議の国のアリス。
それは一八六五年に、イギリスで出版された児童文学。作家は数学者だと言う。
 
アリスは白うさぎを追い掛け、【穴】に落ちる。そして、身体を大きくしたり小さくしたりして、言葉を話す動物たちの世界を冒険する。不思議な話しだ。
ワンダーランドへと通じるこんな【穴】。なぜか歳を重ねても忘れられない。
 
だが、世間には好まない【穴】もある。
その一つが「空っ穴(からけつ)」。財布の中が空っぽなのだから、堪らない。
そして、【穴】の中には、だいたい何かがいたり、何かあったりするものだ。
 
「虎穴に入らずんば虎児を得ず」
危険はあるが、勇気を持って飛び込めと……、そう急かされてみても、やっぱりビビッてしまう。
 
それに比べ、一生に一度は味わってみたい【穴】がある。
それは『大穴』だ。
 
しかし、普段の生活、巣穴にじっと引き籠もるような穴子状態では、そんな【穴】には絶体に巡り逢えない。 
否、そう雖(いえども)も……。
 
勇気と幸運がない限り、とにかく【穴】に近付かない方が良いのかも知れない。
 
 
 
2の3  
   丼 
 
【丼】は不思議な字だ。
井戸の中に水が落ち、跳ねる様子の「ゝ」が「井」の中にある。
 
そして、その音が……「どぼん」。 
それが高じて、(どんぶり)と読むようになったと言う。
 
アホにすな! そう叫びたくなるが……かなりホントの話しなのだ。
 
そんな御高説以外に、江戸時代のこと。
鉢に盛り切りだけの飯屋のことを、ケチで無愛想と言う意味で、慳貪(けんどん)屋と呼んでいた。
 
店員は無愛想で、実に慳貪な振る舞いばかり。だから、そこで出される飯が、慳貪振(けんどんぶ)りと呼ばれるようになった。
そして最終的に……「どんぶり」に短縮されたとか。 
 
どちらも眉唾ものだが、それにしても【丼】は、頭にありとあらゆる字を付けて、「OX丼」。どんどんと増殖してきた。
そして、これからも好き放題に増え続けて行くだろう。
 
その途中にある今でさえ、「OX丼」のメニューは無限にある。
天丼に鰻丼、そしてカツ丼。
これくらいまではまだまだ情緒もあって、我々庶民も暮らし易かった。
 
しかしだ。
今はカレー丼までもが……。
そんなの、ただのカレーライスじゃないのか? 
 
その上に、驚きの【丼】がある。それは……目玉焼き丼。せめて出汁巻丼にして欲しい。
日本の食文化は、もう地に落ちてしまったのか。
近々に、スウィーツ・宇治抹茶丼とか、鮭茶漬け丼とかが登場するかも。
 
そして究極のどんぶり、それはどんぶり三段重ねの『丼々丼』(どんどんどん)が出現。そんな予感までしてくる。
そして、それが現実になった時、大和民族が滅びる時なのかも知れない。
 
                   丼々。
               追記: ↑は、草々の代わり。
 
 
 
2の4  
   波 
 
【波】、それは空間や物体に加えられた状態の変化が、次々に周囲にある速さをもって伝わっていく現象を言うとか。
 
砂浜に立つと水平線の彼方より途切れることなく、【波】が押し寄せてくる。
さざ波のような小さな波もあるが、津波のような大きな波もある。
 
しかし、世の中には目には見えない【波】もある。音波、電磁波、光波の類で、人の生活に活用されている。
 
そんな様々ある波の中で、一番やっかいでなんともならない【波】がある。
 
それは……『年波』
音も立てずにひたひたと、しかし確実に。 
 
人は感じずに、この波を被り続けて行き、不幸にも……、ある日ふと気付くのだ。
新聞の活字がはっきりと読めな~い!
オシッコのキレが悪くなったー!
そして、吐く言葉は一言……「なんでだろ?」
 
日常会話、それはいつの間にか、アレ/コレ/ソレの三大指示代名詞だけで、事を済ませてしまう。
ほとんど何が言いたいのかわからない。 
だが心配無用、ツレアイだけはわかってくれるから……と自虐的に、互いに慰め合う。 
 
そして人たちは、この状態を自覚した時に、必ず呟くのだ。
「やっぱり、寄る『年波』には勝てないなあ」と。
 
まことに、こんな『年波』を上手く乗りこなして行けるサーフボード、どこかに売ってないものだろうか?
 
 
 
2の5  
   麝 
 
【麝】(じゃ)、 漢字の「鹿」を下から「射」で支えている。
麝香鹿(じやこうじか)の【麝】で、難しい字だ。
 
そのジャコウジカは、体長一メートル程度の鹿より原始的な動物。南アジアの山岳地帯に生息しているらしい。
そして、そのジャコウジカの分泌物を乾燥した香料のことを麝香(じゃこう)と言う。それは甘い香りで、六神丸や救心などにも入っているとか。
 
戦国時代、織田信長と同年生まれの細川幽斎(ゆうさい)と言う武将がいた。文武両道に優れ、歌人でもあり、立派な人だった。
幽斎は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、これらの個性の強い三人の上司に仕え、七六歳の人生を全うする。
 
現代社会を生きる満身創痍でヨレヨレのサラリーマンたち。幽斎に、「上司と上手く付き合って行く方法」を伝授してもらいたいことだろう。
だが、本エッセイでは……特別に教えましょう。
 
なぜ細川幽斎は個性豊かな三人の上司に仕えることができたのでしょうか?
 
そこには秘密があった。それは幽斎の奥さまだ。  
三十歳の時に娶(めと)った二十歳のレディ、彼女は麝香姫(じゃこうひめ)と呼ばれていた。
 
幽斎は、妻が放つ甘く香しい麝香の香りで、まるで魔法を懸けられたかのように……。
生涯側室を設けず、浮気もせず、勝手気ままな上司が三人次から次へと変わろうとも、麝香姫の麝香の香りに操(あやつ)られ、ただただ仕事に励んだ。そして、その結果、戦国の世を生き抜くことができたのだ。
 
現代でも一緒かな?
嫌な上司にうまくホイホイし、出世できるかどうかは……。
 
要は、ツレアイの……香りの問題なのかも知れない。
 
 
 
2の6  
   梅 
 
【梅】(ウメ)、この漢字は小学四年生で習うらしい。
元々平安時代に、熱冷ましや下痢止めの漢方薬として中国から入ってきた若い梅の薫製。それは烏(う)のように真っ黒な色をしていて、烏梅(うばい)と呼ばれていた。
 
烏梅は、中国語の発音ピンインでは、「wu mei」となる。これがどうも日本語発音のウメになったようだ。
学名では、「Prunus mume」と名付けられ、バラ科サクラ属の落葉高木だとか。
 
「wu mei」がウメで、正式学名が「mume」。
そして、バラとサクラの花の女王様たちと従姉妹だということらしい。
まことに複雑な話しだが、現実に咲く梅、花は香もあり美しい。
 
「梅一輪一輪ほどの暖かさ」
万葉の時代から、雪解けとともに、毎年春を感じさせてくれるのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 少女アリスが
白うさぎを追ってうさぎ穴を覗く。
 
 
 
 
 
 
京都疎水の穴の向こう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレー丼 
 
 
 
 
目玉焼き丼 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ジャコウジカ
ウィキペディアより
 
 
 
 
 細川幽斎(ゆうさい)
 
 
 
 
 麝香姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
 
  
(参)
第3章  風 鶻 湖 石 犬 情 
 
 
3の1 
   風 
 
【風】は、「帆」の原字の「凡」と、「虫」が組合わさった漢字。
 
しかし、なぜ虫なのだろうか?
一説に、かぜが吹き、虫が揺らされている様だとか。「うーん、これこじつけ?」と言いたくなる。
 
そんな【風】、映画では、やっぱり……「Gone with the Wind」
ヒロインのスカーレット・オハラの波瀾の人生を描いた「風と共に去りぬ」だ。
 
その映像の中に、今でもアメリカで一番人気のセリフがある。それはレット・バトラーがスカーレット・オハラに吐いた捨てゼリフ。 
 
振り向きざまに、
「Frankly, my dear, I dont give a damn.」
 
要は、「知らないね、勝手にするがいいよ」と言い放つ。
この「damn」が宗教上の観点からアメリカ人に衝撃を与えたとされている。
 
さて、それでは日本人にとって、人気のあるセリフは何だろうか? それは、その後に続く、スカーレット・オハラの最後の言葉だ。
 
「After all, tomorrow is another day.」
 
これが名訳され、字幕として登場した。
「結局…明日は明日の風が吹く」
 
まことに上手いこと訳したものだ。
「明日はもう一つの日」を、「明日は明日の風が吹く」とは。
 
そして、その映画の初公開からすでに七十年以上の歳月が流れた。
しかし、やっぱり明日になれば吹くだろう、明日の風が。
しかも、きっと心に優しい風が……。
 
いや、そうあって欲しいものだ。
 
 
 
3の2  
   鶻 
 
【鶻】、「骨」の横に「鳥」がいる。
この漢字を読める人は、そういないだろう。
 
「骨」の「鳥」だから、うーん、そうそう焼鳥屋の「てばさき」、思わずそう読んでしまいそうだ。
だが、正解はもっともっと格調高い。それは(はやぶさ)と読む。
 
はやぶさは鳥で、「隼」とも書く。
直線的な飛翔で、獲物を見つけると翼をすぼめ急降下。そして強烈な足蹴りキックで一撃し、捕獲。なんとカッコイー鳥なんだろう。
 
東北新幹線、東京から青森まで時速三〇〇キロで走る最新鋭のE5系、それは「はやぶさ」と名付けられているとか。
ファーストクラスのグランクラスまで備えられ、お酒は飲み放題。そんな高級新幹線の名称、それはあくまでも「はやぶさ」であって、決して骨の鳥の【鶻】にはなり得ないのだ。
 
しかし、もしも……もしもの話しだが、新幹線「はやぶさ」に、手羽先の入った駅弁、【鶻】弁当が出現したら……。
きっと旅は、愉快なものになるだろう。
 
 
 
3の3  
   湖 
 
【湖】、それは「さんずい」に「胡」の組み合わせ。
「胡」は「おおう」と言う意味があるとか。そのため、水でおおわられた所、そこが【湖】となる。
 
日本には、楽器の琵琶の形をし、水におおわれた所がある。それが琵琶湖だ。
この湖、なかなか大したもので、一〇万年以上存在し続けてきた古代湖の分類に入る。
世界に二〇ほどしかなく、その兄弟にはバイカル湖や、モンゴルの青い真珠のフブスグル湖がある。 
 
そんな古代湖の中でも最もミステリアスな湖、それは南極大陸にあるボストーク湖だ。
琵琶湖の二〇倍以上の大きさで、氷床から四、〇〇〇メートル下に静かに眠っている。
水温は氷点下三度、それでも氷らずに液体のまま。湖を被(おお)う氷の圧力と地熱で、氷点下でも氷らないそうだ。
 
現代人の祖先の新人類が誕生したのが約四〇万年前。この湖はそれ以上に、五〇万年以前から氷で被われ、氷底深く眠り続けてきたと言われている。
したがって、未だ人類は誰一人として、その湖畔のほとりに立ったことがない……ということになる。
 
こんな【湖】という漢字、まことに神秘な世界へと誘(いざな)ってくれるものなのだ。
 
 
 
3の4  
   石 
 
【石】、これは「厂」で表される崖に、「口」(いしころ)が転がっている様を象形にした漢字だとか。
そのためか、石の大きさは岩より小さく、砂より大きいのが常識。
 
だが、それとは異なった例がある。それは「蛇石」(じゃいし)と呼ばれている【石】だ。
 
今から四百三十五年前、織田信長は安土城の築城を開始した。その時、蛇石と呼ばれる一〇〇トンの石、それは岩より大きい石が安土山山頂に引き上げられたとか。
だがその作業の最中に、山から一度転がり落ち、何百人の人夫を圧死させたと伝えられている。
不幸なことだ。
 
そして現代、そんな大きな蛇石を、歴史ロマンを追い掛ける人たちが必死になって探している。だが見付かっていない。
なぜなのだろうか?
 
しかし、そこには伝説がある。
山頂にそびえ立つ天主は、高さ四六メートルの七階建てだった。そんな巨大な天主を支えるために、それはその地下に埋められたとか。だから見付からないのだと言い伝えられている。
 
本当かどうか、一度掘ってみたいものだ。
あれば……流石(さすが)! 
 
流石流石と……【石】だらけの、声があがることだろう。
 
 
 
3の5  
   犬 
 
【犬】、「大」の字の右肩に点を打って(いぬ)と読む。
 
不思議だ。
なぜ、こんな字体で「いぬ」なんだろうか? 
そうならば、「小」の右肩に点を打って、(ねこ)と読めば良いものなのだが……。
 
調べてみれば、【犬】、これでもどうも象形文字だとか。どうして「いぬ」の姿形(すがたかたち)が、【犬】になったのかがわからない。
 
右肩の点は何なんだろうか? 
それは尻尾だとか、寄生している蚤だとか……ヤケクソ気味に言い放つ輩までいる。
 
そんな【犬】だが、犬の日は十一月一日。
なぜなら、ワンワンワンと三回吠えたから…だって。
 
そんなぁ~!  と叫びたくなる。
 
だが、随分と人間がお世話になってきた「お犬様」。
そうならば、十一月一日に、亡くなった「お犬様」の成仏を祈り、象形文字・【犬】文字焼きを始めてみてはどうだろうか。
 
ウ~ ウ~ ワン!
 
 
 
3の6  
   情 
 
【情】、その字は「心」と「青」から成る。
「青」は草木が茂る色であり、元々の有様のことを言うらしい。したがって、【情】は人の心にある元の有様のことだとか。
 
だが、こんな【情】に、強い対抗馬が存在する。
それは……「愛」だ。
 
こんな【情】と「愛」、どこがどう違うのだろうか?
侃々諤々(かんかんがくがく)の議論を生むところだ。
 
一般的には、心の向かって行く方向が違うと言われている。
「愛」は、好きだからこそ相手を解放して上げたい、そんな許す気持ちになって行くのが基本だそうだ。
 
一方【情】は、相手を縛っておきたい、また導きたいという独占の方向だとか。
 
なぜかいつまでも別れずにいるカップル。
女は時として切れる。 
そして……、「あなたへの情はあるけど、愛はない」
こんな捨てゼリフを吐くものだ。 
要は心根からの、独占だけはしておきたいという【情】の発露、そうではないかと思えてくる。
 
一方、男の方も実に身勝手で、フランスの詩人、アンリ・ド・レニエは言う。
「男がもっとも情を込めて愛している女は、必ずしも一番愛したいと思っている女ではない」と。
 
これはきっと、男にとって実務的、いや便利な、そんな女の方に、「愛」以上の【情】を抱くものなのかも知れない。 
そして、一番愛したい女より、手放せないものだと言いたいのだろう。
 
そんな【情】、それはまさに「愛」を凌駕(りようが)するほど強いものなのだ。
 























「Frankly, my dear, I dont give a damn.」








「After all, tomorrow is another day.」


































駅弁



























南極大陸の位置





衛生写真

(ウィキペディアより)






















安土城





天守閣の跡











































































































 
       
       
     
 
 (四)
第4章  微 車 驫 欲 肉 恋 
 
4の1  
   微 
 
【微】、(かすか)と訓読みし、「わずか」なこと。
その意味は、細い糸の端のように目立たない…ということらしい。
しかし、どの程度のものかがわからない。
 
だが、小さな数字として、【微】は一〇〇万分の一のこと。ほとんどないに等しい。
 
笑いにも微かなスマイルがある。それはモナリザの微笑。
レオナルド・ダ・ヴィンチは、その一〇〇万分の一の微笑みをスフマートという技法で描いた。
 
その口元辺りに輪郭を作らず、透明色で何度も何度も微かずつ上塗りをし、一〇〇万ドルの微笑を創り出したとされている。
そして、その微笑を万人に贈るために、左右の瞳の見つめる方向を違えた。
これにより、どこから見てもモナリザは、自分だけを見つめて微笑んでくれているのだと錯覚に陥る。
 
そして御愛嬌にも……左目頭に吹き出物まで作って。
 
ナポレオンは浴室にモナリザを飾っていた。うっとりとしながらシャンプーしてたら、あっと手が滑り、泡が飛んだ。
吹き出物はそのシミだとか。
 
ナポレオンよ、お前はバカかと叫びたくもなるが、今のモナリザは、つまりレオナルド・ダ・ヴィンチとナポレオンの合作ということかな?
 
そんなモナリザ、たった一〇〇万分の一の微笑みと、
プラス……吹き出物で、
今でも万人に、永遠の微笑を贈ってくれているのだ。
 
 
 
4の2  
          
 
【車】、中国古代の戦争は、馬車で戦う車戦。二頭の馬がそれを引っ張ってた。
【車】という字は、その車体に左右の両輪を付けた形を表しているとか。
 
そして、現代の中国にもいろいろな【車】がある。ただ、日本と少し違うようだ。
日本の自動車は汽車。汽車は火車で、自転車は自行車。愛車は私人車と言うらしい。
 
少し外れるが、日本での愛人は中国では情人と言うらしい。
ならば、愛車を「情車」と呼べば良いものを……、不思議だ。
情と私人の間に、何か微妙な差があるのだろうか。
 
そして、庶民が困る車が……「火の車」
元は、生前悪事を犯した者をこれに乗せ、地獄へと運ぶ火の車のことだとか。今は、お金のやりくりに苦しむことを意味してる。
 
そして、もう一つ嫌な車が……「口車」
こんな車には乗りたくない。
 
だが中国では、この「口車」という言葉がないようだ。
多分、パクリと同様で、「口車」が一杯走っていて、日常的で当たり前。
そのため、「口車」とういう概念が形成されてこなかったのかも……知れないなあ。
 
 
 
4の3  
   驫 
 
この字を大きくすれば、      
「  馬
  馬馬 」
 
これは「馬」を三つ使い、二段に積み上げた漢字。
このような類の漢字は他にも多くある。
その代表例が、「木」の積み上げ。「木」は「林」になり、「森」となる。
 
同様に、「馬」を二つ並べてとなる。(トク)と音読みし、馬が走る意味だとか。
 
そして、「馬」を積み上げて【驫】となる。
音読みで「ヒュウ」、訓読みで「とどろ」だそうだ。
意味は、多くの馬が群を成し、その走る様。あるいは、その際に発せられてくる音だとされている。
 
競馬場へ行けば、名馬たちが第四コーナーを回り、群を成して、目の前を駆け抜けて行く。
その音が……【驫】
 
それは「ドドドー」と聞こえるのだが、中国のピンインで行けば、「biao」あるいは「duo」。中国では、どうも「ビヤオー」とか、「ドゥオー」とかに聞こえているようだ。
 
そして「馬」とくれば、当然その相棒は「鹿」
「鹿」にも積み上げ漢字があって、
それを大きく書けば、
      
「ソ」と読み、粗いという意味らしい。
 
そして、「驫」  と との恐怖の二連チャン合体。
読みで行くと、(ヒュウソ)だろうか?
しかし、これって一体どんな馬鹿なんだろうか?
 
馬鹿は死ななきゃ治らない。
三回死ななきゃ治らない …… それくらい強烈かな?
 
で、気付いてしまった。こんな造語を作って、一人悦に入ってるオヤジこそが……
 
 
三倍馬鹿の(ヒュウソ)そのものなんだと。
 
 
 
4の4  
          
 
【欲】、この漢字は「谷」と「欠」の合体型。
「谷」はハ型に流れる水が口(あな)に流れ込むさま、そして「欠」は身体をかがめた形。
 
【欲】は、それらが合体し、心に穴が開き、腹がへって身体が屈み込んだ姿だとか。
なんとなくわかる気がするが……、要は「ほしい」(I want)ということ。
 
人には眼/耳/鼻/舌/身の五官がある。そして、それらにより認識できる色/声/香/味/触の五境がある。
この五境、時として塵のように人の心を汚すことがある。そのためか五塵とも呼ばれている。
 
そんな塵が積もって、心身から出てくるもの、それが仏教で教えている五欲だ。
つまり財欲/色欲/飲食欲/名誉欲/睡眠欲の五つだそうだ。
 
しかし、これらがなかなか厄介なもので、時には異常に肥大し、醜くなる。
ならば、そんな【欲】、もうあっさり捨ててしまって、
「無欲」がきっと一番心地よいのだろうと思う……が。
 
やっぱりその前に、時節は秋、美味しいものが食べた~い!
 
 
 
4の5  
          
 
【肉】、切り取られた肉片の形だとか。
うーん、なるほど……なんとなく、そんな形に見えるかな?
 
そんな【肉】片を焼いて食べさせてくれるのが、今流行りの焼き肉店。カルビ/ロース/牛タン/ミノ/ホルモン等々、いろいろな肉片がある。
 
しかし、そんな焼肉店、江戸時代の両国にもあった。「ももんじ屋」と呼ばれていたらしい。
漢字では「百獣屋」と書く。
 
なぜなら、農民が鉄砲で捕獲してきた猪や鹿、それに牛や馬、さらに犬に猿。まさになんでもありの百獣の焼き肉店だったとか。
ただ当時は肉食が嫌われていた。そのためか、上手いこと考えたものだ。
 
客寄せには、焼き肉を「薬喰い」と呼んだそうだ。
そして猪肉を山鯨(やまくじら)、鹿肉を紅葉(もみじ)などと、風情あるメニューに変えたとか。
 
そんな江戸時代の焼き肉店の「ももんじ屋」(百獣屋)、
犬や猿は遠慮したいが、一度食べに行ってみたいものだ。
 
 
 
4の6  
   恋 
 
【恋】、この古い字は【戀】
漢字の上の部位は「乱」(もつれる)と言う意味があり、心が乱れることらしい。
 
そして、そんな【戀】、万葉集ではまた違った形でも詠われている。
例えば、
『葦垣の 外にも君が 寄り立たし 【弧悲】けれこそば 夢に見えけれ』
 
恋は【弧悲】とも詠まれた。すなわち【恋】とは【弧悲】で、独り悲しく思うということらしい。
しかし、最近の世間ではこんなことが囁かれている。
 
「愛」は、漢字の真ん中に「心」があるから、それは「真心」。
 
だが【恋】は、下に「心」があるから、
はい、それは……「下心」で~す。
 
うん、確かに、これに納得する紳士淑女、たくさんいるかもね。
そんな下心一杯の【恋】、それは初恋から始まる。
 
そして失恋したり、灼熱の恋をしたり、中には道ならぬ恋にまで頑張っちゃう人がいたりして、
やがて【恋】は……【弧悲】になる。
 
だが不思議なものだ。男も女も決して懲りないのだ。
ならば風流に……都々逸でも。
 
♪~♪  【戀】という字を分析すれば
 
「糸」 「糸」しと  「言」「心」  ♪~♪
 
 



















モナリザ





吹き出物はここ




















































































































































































































































































 
         
         
         
         
 
 (五)
第5章  片 暁 鳳 裏 粉 桜 
 
 
5の1
   片   
 
【片】、これは二つ揃ったものの一方の意味を表す。
「片棒」、「片親」、そして「片田舎」。これほどまでに暗いイメージを与える漢字はない。
 
そして、その中でも、どこまでも切ないものが……「片思い」。
この「片思い」は、万葉の時代には『片恋』と言われていたようだ。
 
その『片恋』を、時は今から一千三百年前、天武天皇の皇子・舎人親王(とねりしんのう)は己の心情を詠んだ。
 
『ますらをや 片恋せむと 嘆けども 醜(しこ)の ますらを なほ恋ひにけり』
 
ここで言う「ますらを」は、今で言うイケメンのこと。
そんな男が、簡単に言えば、自分はイケメンだけど、『片恋』をしてしまったと。 
それで、みっともないことだが、やっぱり恋しく思ってしまうんだよなあと嘆いているのだ。
 
若干自信過剰なところはあるが、さすがイケメン。これには返事がちゃんと返ってくる。
相手は舎人娘子(とねりのをとめ)、乳母の娘で幼なじみ。
 
『嘆きつつ ますらをの この恋ふれこそ 我が結ふ髪の 漬(ひ)ちてぬれけれ』
イケメンのあなたが恋してくださるからこそ、私の結った髪が濡れてほどけてしまったのですよね……って。
 
人をオチョクるんっじゃないよ! こんなの『片恋』じゃないじゃないか……と、ついつい僻(ひが)んでしまう。
そして、非常に口惜しいことだが、気付かされる。イケメン男には『片恋』はないのだと。
 
そこにあるのは、ますらを男だけへの……女たちからの恋の【片寄り】だけ。
と、認めざるを得ないのだ。
 
 
 
5の2
   暁 
 
【暁】、太陽を表す「日」の横に「尭」(ぎょう)。
この「尭」は、土器を焼く時に 棚に土器を積み上げた形で、そこから高いという意味を持つらしい。
よって、【暁】(あかつき)は日が高く昇り始める意味となる。
 
春の時期、なかなか布団から抜け出せない。とにかく眠い。
昔、孟浩然(もうこうねん)は「春暁(しゆんぎよう)」で詠った。
 
春眠 暁を覚えず 
処処(しよしよ) 啼鳥(ていちよう)を聞く
夜来 風雨の声
花落つること知る 多少
 
春の暁はまことに眠り心地がいい。朝がきたことにも気付かず、ついつい寝過ごしてしまう……と。
 
さて、この【暁】とは一体朝の何時頃のことだろうか?
それは太陽が昇る前で、夜半から夜明けまでの時間帯のこと。
午前四時頃のことのようだ。 
 
その後、東の空が明るくなってくる頃を「東雲」(しののめ)と言う。 
そして、ほのぼのと夜が明け始める時間帯を「曙」(あけぼの)と呼ぶ。
さらに、その「曙」より微妙に明るくなってきた頃、それが「朝ぼらけ」なのだ。
 
「暁」 → 「東雲」 → 「曙」 → 「朝ぼらけ」
 
この順番、憶えるには少しややこしい。だが便利なもので、要は一括して、「夜明け」と言う言葉でまとめられる。
 
とならば、眠いのはなにも【暁】だけではないため、
春眠 暁を覚えず……、そうではなく、
春眠 「夜明け」を覚えず……の方が、きっと現実に近いということなのだろう。
 
 
 
5の3
          
 
【鳳】は、大きな鳥が風に乗り、羽ばたきをする様を表す漢字だとか。
そして、『鳳凰(ほうおう)』と言う熟語を作る。
 
この鳳凰は、雄が【鳳】で、雌が「凰」の鳥。
この鳥は梧桐(ごとう)、つまりアオギリに宿り、竹の実を食べ、甘い味のする醴泉(れいせん)を飲んでいると言う。
また、立派な指導者が世に出てくる兆し、それがある時に、その祝いの時に現れ出てくる鳥だとか。
 
そして、この鳳凰、たとえそれが成鳥でなく、雛(ひな)でさえ、「伏龍鳳雛」(ふくりゅうほうすう)と言って重宝がられている。
この四字熟語の意味、寝ている龍と鳳凰の雛のように、まだ世に出ていないが素晴らしい力を持つ人物のことらしい。
 
そして、最近の日本の不景気を思えば……、どこかに鳳凰は飛んでいないだろうか?
それともアオギリの上の巣の中に、雛でもいないものなのだろうか?
 
とにかく、その霊鳥の姿は…、見たことのある人の言によれば、次のようなものだとか。
 
羽は五色
前は麟(りん)、後ろは鹿(しか)
頸(くび)は蛇、尾は魚
背は亀で、あごは燕(つばめ)
そして、くちばしは鶏……だとか。
 
ちょっと奇抜な姿だから、すぐに見付かりそうなものだが……。
 
 
 
5の4
   裏 
 
【裏】、元の意味は衣の「うら」のことらしい。
そんな【裏】、いろいろと格言がある。
 
人生には良いことも悪いこともあるという意味で、「一の裏は六」。だが実際にはその目がなかなか出てこない。
また株式相場では、「人の行く裏に道あり花の山」と言われ、逆張りのお薦めだ。そう言われてみても、現実はそう簡単に儲かるものではない。
 
しかし、誰も見たことがない【裏】がある。
それは太陽の【裏】。つまり太陽に隠れた後方の世界。
 
古代ギリシャの人は、そこにまったく同じ地球があると唱えた。なぜなら地球がバランス良く公転するためには、てんびんのようにカウンター・ウェイトが必要。
それがいわゆる反地球(カウンター・アース)。 
 
そしてそこには……同じ社会があり、同じ自分がいると言う。
だが、いつも太陽に邪魔されて見えない。
 
まさに、「一の裏は六」。どちらが表で、どちらが裏なのかわからないが……。
 
ところで、あちらの地球では、
あちらの自分が……やっぱり売れない小説書いて、
それでもくじけず、頑張ってるかな?
 
 
 
5の5
   粉 
 
【粉】、左の「分」は刀で二つに分ける意味があるそうな。そして、穀物を分けたものが【粉】だとか。
 
この【粉】を使った食べ物が、いわゆる「粉もん」。
かまぼこ/はんぺん系の「練りもん」からは、ちょっと距離を置いている。
 
「粉もん」は、たこ焼き/お好み焼き/うどん/そば等々で、パスタも入るようだ。庶民から愛されている。
だが、同じ粉でも、これは遠慮したい。
それは「花の粉」。
杉にヒノキにブタクサ……もう堪らない。
 
外は春うらら、気候が良い。これに誘われて、うろついてみようものなら、粉悶嵐(こなもんあらし)。
恐怖のクシャミの七連発。 
その上に、悲しくもないのに目がウルウルウルと。
 
西洋では、これをローズ・フィーバーと呼んでいるらしい。いわゆる薔薇熱だと。これも馬鹿にした話しだ。
 
ローズ? 
そんな美しい「花の粉」ではない。ブタクサ・フィーバーと名付けろよと言いたくなってしまう。
 
そんな【粉】、「粉もん」は実に愛されているが、花が前に付いて、「花粉もん」になれば、とんでもなく嫌なヤツになってしまうのだ。
 
 
 
5の6
   桜 
 
【桜】、元は【櫻】で、「木」と「嬰」(えい)の組み合わせ。
この「嬰」、その由来は貝二つを女が首飾りにしたところからだとか。
しかし、これではわかりにくい。
 
【櫻】は、二階(貝)の女が気(木)にかかる。
 
【桜】は、ツののはえた女が気(木)にかかる。
こんな解釈もあり、こちらの方が納得し易い。
 
そんな【桜】を愛でて楽しむのが、花見。
時は今から約四〇〇年前のこと。
豊臣秀吉・六二歳は伏見城から出て、その亡くなる年に、盛大に「醍醐の花見」を執り行った。
 
 
 醍醐花見図屏風
 
その時の女性たちの順位は、もちろん本妻の北の政所、ねね(五一歳)が一番。
その後に側室が続く。
 
しかし、これがまた歳が近いためか、実にややこしい。だが、秀吉は悩み抜いて、次のように決めた。
二番目が、織田信長の姪っ子の茶々、淀殿二九歳、なぜなら秀頼を生んだから。
三番目が、武田元明の正室だった松の丸殿、京極龍子。
四番目が、織田信長の六女で、三の丸殿。
五番目が、前田利家とまつの三女の摩阿姫の加賀殿二六歳。
 
だが、秀吉の危惧した通り文句が噴出した。
秀吉の杯をまず受けたのが北の政所。ここまでは全員納得、それで良かった。
しかし、次は誰かと。
秀吉は自信なかったが、淀殿に杯を渡した。
 
そこで、たちまち……「ちょっと、待った!」と。
松の丸殿、龍子が睨んできて、
「なぜ、私が二番じゃないの」と……えらい剣幕。
当時の常識から行けば、淀殿は秀頼を生んではいたが、格式は京極家の松の丸の方が上。
秀吉は、こんな女の争いにただただオロオロするだけ。
 
それを、
「ちょっとあなたたち、今日は花見よ。楽しくやりなさいよ」
こう取りなしてくれたのが、利家の妻、まつだったとか。
これで秀吉は……ホッ!
 
こんな女の大喧嘩、しかし、淀殿と龍子の二人はしっかり詠っている。
しれっと、適当に……秀吉に胡麻擦って。
 
淀殿
『花もまた 君のためにと咲き出でて 世にならびなき 春にあふらし』
          
松の丸殿、龍子
『打群れて みる人からの山櫻 よろづ代までと 色にみえつつ』
         
しかし、こんなお姉様たちの様子を見ていた一番年下の……二六歳の摩阿姫。その後、続けて詠った。
 
『あかず見む 幾春ごとに咲きそふる 深雪の山の 花のさかりを』
 
この歌の裏の意味は、
「もうやってられないわ、私帰りたいわ。また違う誰かと醍醐の花見に来るわよ」ということらしい。
その証拠に、この花見の後に、摩阿姫は直ぐに側室を辞意しているのだ。
 
とにかく、いつの世も女は恐ろしいものなのだ。天下を取った秀吉さえコントロールできなかった。
 
ツののはえた女が気(木)にかかる。
【桜】という漢字が、そう教えてくれている。
 
 
 
 

















































































































朝ぼらけ




























1万円札の鳳凰
















































































ブタクサ












































北の政所、ねね





茶々





龍子













































今の醍醐寺



 
       
   
 
 (六)
第6章  化 茶 涙 謎 筍 桃 
 
6の1
          
 
【化】、「人」と「七」との組み合わせ。
この「七」が頭と足を逆さまにした人の形で、死者の姿。それが人と背中合わせに横たわっていて、死と生が繰り返していることを表しているとか。
そして、その繰り返し変化して行くことが【化】だと言う。
 
かって京都の嵯峨野(さがの)に広がる野辺を化野(あだしの)と呼んでいた。
そこは野辺送りの風葬、つまり死体を野ざらしのまま風化させる地であり、この世に生まれ変わってくる、すなわち化けてくることを願った地だった。
 
しかし、うまく化けられず、魑魅魍魎(ちみもうりよう)のゾンビばかりとなった。
これを見かねた弘法大師、空海が人々に土葬を教え、そして化野念仏寺を開き、八千体の石仏/石塔を集め供養した。
 
また【化】の熟語で、『化身(けしん)』がある。
世の人を救うために人の姿となり現れ出てきた仏さまのこと。
そこから発展し、空想の世界の生き物が人として現れた姿も『化身』だと言う。
 
そんな『化身』、神代の時代にもあったようだ。
木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)は桜(美しく儚さ)の化身。
そして姉の岩長姫(イワナガヒメ)は岩(長命)の化身。
 
この姫たちは天照大神の孫のニニギに嫁ごうとしたのだが、ゴツゴツした岩長姫は帰される。これにより長命の縁は捨てられ、それ以降、命は花のように儚いものになったとか。
 
他に愛の化身なるものがある。これは一体どういうこと? と問い詰めたくもなるが……。
まさに【化】、それそのものが、いかようにも【化】けてしまうということだ。
 
 
参考:
ニニギは略称、本当は左記。これも化身の一種か?
 
天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命
(あめにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎのみこと)とのこと。
 
 
 
6の2
   茶 
 
【茶】、この字は古い辞書にはない。
元は【荼】(ト)、苦い味のするニガナと言う植物のことだとか。
 
そんな【茶】は、前に色彩を付け、緑茶/白茶/青茶/紅茶となる。
これは茶葉に酸化酵素があり、葉を揉んで酸化発酵させる。その程度により、色別されるらしい。
 
酸化発酵がないのが緑茶、完全に発酵させたものが紅茶。その間が白茶と青茶。
 
そして、ときに【茶】は金色まで着けて、『金茶(きんちや)』となる。
京都の木屋町三条上がった所に、金茶寮という小さな料亭がある。夏は鴨川に床(ゆか)が出て、東山にポンと上がった月を眺め、伏見の冷酒で一献。情緒があるものだ。
 
その金茶寮、土佐勤王党を組織した武市半平太が寓居(ぐうきよ)とし、尊王派の志士たちを集め、激論が交わしたとされている。
その後、武市は吉田東洋暗殺の嫌疑を掛けられ、切腹する。
 
坂本龍馬と同様、波乱の人生だった。
そんな生涯を少しでも華やかにと、天はその寓居を金茶寮と名付けたのかも知れない。
 
そして『金茶』は花にもある。
それは中国南部原産の『金茶花(きんちやか)』。世にデビューして五十年も経たない珍しい黄色の椿なのだ。
 
現在、日本では、マニアたちがもっと黄色にしたいと交配を繰り返しているが、親の金茶色を未だ越えることができない。
 
ことほど左様に、【茶】という字、いろいろな色と引っ付いて、面白い話題を作ってくれている。
 
 
 
6の3
   涙 
 
【涙】、それは涙腺から分泌され、眼球をうるおし、異物を洗い流す作用がある液体。
そして、【涙】は人間が排出するものの中で、一番きれいなものだ。
 
成分は、九八パーセントが水。
他にナトリウムなどが含まれ、そのために少し塩っぱい。
 
外国人は泣くとハンカチを鼻にあてる。なぜなら外国人は鼻水がたくさん出て、それを拭くからだ。 
だからハンカチは鼻水のためにある。
だが日本人はハンカチを目にあて、【涙】を拭く。
これからすると、どうも日本人の方が風情がありそうだ。
 
しかし、女性の【涙】、これがなかなかのくせもので、それは女性の武器だと言われている。
それを警戒してか、いくつかのことわざがある。
 
例えば、西洋では「女の涙ほど早く乾くものはない」と言われている。
また、スペインでは「犬の鳴き声と女の涙には騙(だま)されるな」と、とにかく酷評だ。
 
そんな【涙】、時として、鬼の目にも涙だ。冷酷な輩でも流れてしまう。
二〇一一年の東日本大震災。 
桜花爛漫(おうからんまん)の時節に入ろうとしていた頃に、桜も雨に濡れ……「桜の花にも涙」だった。
日本民族の痛みの涙を流していた。
 
そんな【涙】、早くハンカチで拭き取って、笑いに変えたいものだ。
 
 
 
6の4
   謎 
 
【謎】、「言」の「迷い」と書き、「なぞ」。
なぜこのような漢字になったのか、字源で調べてみても不明瞭。
言葉の迷いが【謎】なのかと勝手に解釈してみても、やっぱり、【謎】の字体そのものが……【謎】なのだ。
 
そして、そんな【謎】を二つ並べれば、もっと【謎】となり、庶民の間では楽しい「なぞなぞ」となる。
 
古(いにしえ)の時代のなぞなぞ。
嵯峨(さが)天皇は「子」を十二個並べて……
「子子子子子子子子子子子子」 
これを読めと言う。
 
「子」の読みは、(ね)、(こ)、(し)、(じ)がある。
だから、「ねこのこ こねこ、ししのこ こじし」だとか。
漢字を入れて、(猫の子子猫、獅子の子子獅子)と読むのがどうも正解らしい。
しかし、おもしろ~いと感心している場合じゃない。
 
【謎】、世界七不思議に始まり身近な謎まで、この世は謎だらけ。
その中でも一番不可解なのが男女間の【謎】。
 
世間で言われている、男にとっての女の三大謎とは。
(一) なぜ女は、いつも男の嘘を見破ってしまうのか?
(二) なぜ女は、突然にうまく泣き出せるのか?
(三) なぜ女は、昔の話をそんなに憶えているのか?
 
そして、女にとっての男の三大謎とは。
(一) なぜ男は、簡単に見破られる嘘を、いつもついてしまうのか?
(二) なぜ男は、女の話をきちんと聞かず、またすぐに忘れてしまうのか?
(三) なぜ男は、勘違いしてしまうのか?
こんな男と女の【謎】。互いに答は見付からず、決して歩み寄れないだろう。
 
しかし、【謎】は【謎】として、それでも地球という小さな星で共に暮らしている。
これこそが……まさに永遠の【謎】なのかも知れない。
 
 
 
6の5
   筍 
 
【筍】、「竹」の「旬(しゆん)」で……「たけのこ」。
「旬」は、龍が尾を巻いた「勹」と「日」の組み合わせの字体。一番味が乗っている十日間を意味する。
春の旬の食べ物は、竹の旬で【筍】。
 
このたけのこ、日本にはおおまかに三種類ある。
関東方面に多い孟宗竹(モウソウダケ)。そして、京都の真竹(マダケ)。五月頃に九州から出回ってくる淡竹(ハチク)がある。
特に京都の【筍】は、皮に毛が多く、黒い斑点もあり、あくが強くて苦味もある。しかし、味は逸品。
 
そんな【筍】の産地は、京都近郊の長岡京。そこに筍料理専門の老舗(しにせ)料亭がある。
八条ケ池を眺めながら数寄屋づくりの座敷で、旬の筍づくし。
 
木の芽あえ/筍のおさしみ/若竹すまし汁/田楽/むしたけ/てんぷら/焼竹/酢の物/たけのこ飯。
何もかもが筍なのだ。
それらの美味を味わいながら、日本の春を感じる情緒ある一時だ。
 
以前、そのお裾分けにと、一度外人を招待したことがある。
感想は……「ノー・テースト」(No taste)。
つまり、味なしだとおっしゃる。
 
旬はなくとも、どうも神戸牛の方がお好みのようだった。
うーん、なるほど。
 
 
 
6の6
   桃 
 
【桃】は、「木」と「兆」からなる。
「兆」は左右に離れた様を表した字。よって、【桃】は左右に割れる実がなる木、「もも」だとか。
 
また、「もも」の語源は多くある。
本当の実で「真実(まみ)」、赤い実で「燃実(もえみ)」、多く出来るので「百(もも)」がある。
 
そして傑作は、表面に毛が多いので「毛毛(もうもう)」。
これらから「もも」と呼ばれるようになったとか。
ホント、驚き、桃の木、山椒の木だ。
 
で、思わず、
【桃】が一杯の「すもももももももものうち」、そんなことを早口に言ってみたりして。
 
だが、ここで言う「すもも」は「李」と書く。
「李」と【桃】はどこが違うのか?
どちらもバラ目バラ科。その次の属で、「李」はサクラ属で、【桃】はモモ属ということらしい。
なるほど、この程度のことなら、「すもももももももものうち」と語られて当然だ。
 
他に【桃】に絡む話しは山ほどある。その中でも、物事を成し遂げるには時間がかかるというたとえがある。
 
桃栗三年 柿八年
梅はすいすい 十三年
発芽から結実まで、桃や栗は三年、柿は八年。
【桃】は随分と短い。
 
しかし、柿は八年もかかるのかと感心してる場合じゃない。そのたとえに続きがあるのだ。
 
梨は大バカ 十八年
りんごニコニコ 二十五年
女房の不作は 六十年
亭主の不作は……これまた 一生
 
まあここまでくると、物事の成就は絶望的になってくる。しかし、万葉集にこんな歌があった。
「向(むか)つ峰(を)に 立てる【桃】の木 ならめやと 人ぞささやく 汝(な)が心ゆめ」
これは切ない恋の歌、それを意訳すると。
 
向こうに見える山の【桃】の木、三年が経っても実がならない。そんなことを人が囁いているわ。
そんなことに、あなたは心を迷わさせないで下さいね。私たちの恋はきっと実りますから。
 
確かに、そう願う通りだ。
しかし、「桃栗三年」は辛抱できても……、少なくとも「柿八年」では、恋の結実をして欲しいものだ。
 
 
 














































































































京都植物園
金茶花

































































































































































































すもも





もも

































 
 
 
 
(七) 
第7章   金 沙 鼠岬 蜜 鰹 
 
7の1
     
 
【金】、元々は銅のことで、一定の型に鋳込んだ塊の形だとか。 
そんな【金】、元素記号「Au」の光沢ある黄色の金属。化学的にきわめて安定で、王水以外の酸には溶けない。
 
そのため貴重で、現在価格は約四、〇〇〇円/g以上と高騰中。
だが、よく延びて、1グラムあれば数平方メートルの厚さ0.1ミクロンの金箔になる。
 
その金箔を貼り付けたのが金閣寺。
昭和二五年に修行僧が放火し、全焼。その後、二〇キロの金が使われ修復された。
単純計算で、一億円近い金箔がペタペタと貼られていることになる。少し分けて欲しいものだ。
 
だが今の日本は都市鉱山。
ケイタイ、パソコン等々に、金が約六、八〇〇トン眠っているとか。
単純計算で約三〇兆円。これは世界の現埋蔵量の一六%に相当する。
 
さてさて、我が家にはどれくらい眠ってるかな?
気の狂ったパソに、重量級のケイタイ…ドッサリとあるぞ。
発掘したいものだ。
 
 
 
7の2
   沙 
 
【沙】、水を表す「さんずい」が「少ない」と一緒になり、水辺の砂地の意味となる。
音は(さ)で、響きが良い。
そのためか、「沙織」は女性名前ランキング上位に位置したことがある。
 
こんな【沙】に、姉妹漢字がある。
それは【紗】
こちらは「糸」が「少ない」となり、薄い絹織物のこととか。
それならば、同じ「さおり」でも、砂ではなく、「紗織」の方を好む人もいるだろう。
 
だが、そんな【沙】と【紗】。【沙】の方が熟語を断然多く作る。
その代表格が『沙汰』
 
「汰」は分ける意味があり、砂を分けることとなり、そこから善悪を分ける意味となる。
そして、「地獄の沙汰も金次第」の裁決の意味を含むことになったようだ。
 
他に、色恋沙汰、刃傷沙汰、警察沙汰……等々、恐ろしい言葉ばかりだ。
 
だが、心和む熟語もある。
それは音信の意味の『御無沙汰』
御無沙汰でした、というところから会話が始まれば、『沙汰』することはないと、すべては許され、後は一気に盛り上がる。
 
そして最近、きっと皆さん御多忙なんでしょうね……。
あちらこちらで……『御無沙汰』の挨拶だらけなのだ。
 
 
 
7の3
   鼠 
 
【鼠】、これは「ねずみ」の象形文字。
上は歯、下へ向かって身体、爪、尾だとか。
 
そう言われれば、そのようにも見えないわけではないが……、うーん。
そして、「ねずみ」の語源は「盗み」だとか。夜に食べ物をこっそりと失敬して行くからだ。
 
だが、幼い頃が懐かしい。夜になると、天井で大運動会をやっていた友達。
しかし、最近てっきり会うことがなくなってしまった。
 
その代わりに、西洋の【鼠】、ミッキーマウス君が我々に元気を与えてくれている。
中国では、この友人のことを、「米老鼠」 ( ミーラオシュー)と呼ぶらしい。
アメリカの年季の入った立派な鼠さん。尊敬の念をもって、「老」が充てられている。
 
確かにそうなのかも知れない。
ミッキーマウス君は、一九二八年十一月十八日(日曜日)生まれ、御年八四歳の大鼠君なのだ。 
 
そして、日常生活な中でも他の【鼠】君が大活躍してくれている。
それはパソコンに向かうと必ず握手する『マウス』
最近のマウスは線付きから放たれて、スルスルと上手く動き回ってくれる。
 
そんなマウス、中国では「滑鼠」と呼ぶらしい。なるほどと……納得。
と言うことで、これからもまだまだ、【鼠】君とのお付き合いは続いて行きそうだ。
 
 
 
7の4
   岬 
 
【岬】、元々の意味は山と山の間、山あいだとか。
それが日本国語では、なぜか海中に突き出た陸地の端となり、「みさき」となる。
そんな【岬】、旅情一杯で、いろいろな伝説がある。その一つがグアムにある『恋人岬』
 
グアムをスペインが統治していた時代、父はスペインの貴族、母はチャモロ族の首長の娘。
そんな両親から生まれた美しく心清らかな一人の娘がいた。
年頃となり、父はスペイン人の男を婿に迎え入れようとした。しかし娘は嫌で、町から逃げ出し、海岸へと辿り着いた。
そこでチャモロ族の貧しい兵士と出会い、恋に落ちてしまった。
 
二人は人目を忍び、浜辺で逢瀬を繰り返した。
しかし、それを知った父は怒り、二人をタモン湾の崖まで追い詰めた。
もう逃げられないと悟った二人は、互いの長い黒髪を固く結び合い、崖の上から身を投げてしまった。
 
そして、その後、その悲恋の岬は「恋人岬」と呼ばれるようになったとか。
 
だが、このような伝説は日本にもある。
それは新潟の柏崎にある『恋人岬』。
 
昔、佐渡にお弁という美しい娘がいた。佐渡に船大工の仕事で来ていた籐吉と恋に落ちた。
しかし、籐吉は仕事が終わり、柏崎へと帰ってしまった。
 
お弁は恋しく、柏崎の岬の常夜灯(じようやとう)を目指し船を漕いで行った。そして毎夜船で漕ぎ行き、籐吉との逢瀬を繰り返した。
しかし、籐吉はお弁の深情けが鬱陶(うつとう)しくなってきた。そのため、ある夜、常夜灯を消してしまった。
 
その翌日、お弁の水死体が岸に漂着した。それを見た籐吉は悔い、後を追って海に飛び込み死んだ。
人たちはお弁を葬り、そして、その岬を『恋人岬』と呼ぶようになったとか。
 
古今東西、【岬】には、微妙に異なってはいるが……、悲しい物語があるようだ。
 
 
 
7の5
   蜜 
 
【蜜】、「ウ」冠に「必」で、封じ込めるという意味がある。
これに「虫」を付けて、蜂が巣の中に封じ込めた「みつ」となる。
 
とろ~りと甘いためか、江戸時代、いい男のことを「水も滴(したた)るいい男」とは言わず、「【蜜】が滴るいい男」と表現したようだ。
当時、役者が顔に、化粧水の代わりに【蜜】を塗っていたとか。
 
うーん、甘そうだ。
だが……愛犬ポチが舐めにきそう。 
 
こんな【蜜】、口に【蜜】あり腹に剣あり
とにかく用心が必要。
 
スパイの世界では、ハニー‐トラップ【honey trap】と言う。いわゆる【蜜】のような甘い罠のこと。
女スパイがお色気で、外交官、政治家、軍関係者などを誘惑し、諜報(ちようほう)活動をする。
 
そして一説では、マリリン・モンローはハニー‐トラップを仕掛ける超セクシースパイだったとか。 
もし本当ならば、一度そんな甘い罠に填まってみたいものだ。そんな気にもなってくる。
 
しかし、その【蜜】のような甘い罠、なにも男性だけを標的にするものではない。逆バージョンもある。
男スパイが女性を……色仕掛け(?)で落とすとか。
そんな男スパイ、きっとイケメンで、
【蜜】も滴るいい男……なんだろうなあ。 
 
 
 
7の6
   鰹 
 
【鰹】、「魚」に「堅」で「かつお」。
万葉の時代から食用にされてきたが、身が柔らかく傷み易い。そのため堅い干物にして食べ、「堅魚」(かたうお)と呼ばれていた。
 
特に初鰹は、江戸時代珍重された。
傷みが早く、危ない。そのため安全に食べるためには高価となる。 
 
「まな板に 小判一枚 初鰹」と言われるほどだった。
庶民にとって、初鰹は途方もなく高級魚。
 
それなのに、「目には青葉 山時鳥(ほととぎす) 初松魚(かつお)」と、旬を味わうのはこれしかないと煽(あお)られる。
それでも初鰹を食べない輩に、「女房子供を質に出してでも食え」と、無理強いまでもが。
 
もうここまでくれば……人権侵害の域。
しかし、救世主が現れる。【鰹】を丸ごと火に炙ったもの、
それは……「タタキ」 
 
これで少々古くても、ポンポンは痛くならない。そして、当然お値段は、お手頃なものとなったのだ。
庶民にとって、タタキ万々歳だ。
 
ならばと言うことで、少し余談となるが……、
ユッケも、タタキにして食べたらいかがなものだろうか?
 

















 




































































































初代ミッキーマウス






最近の
ミッキーマウス

























グアムの恋人岬


















柏崎の恋人岬
 



































江戸時代のイケメン
市川團十郎五代目






一番人気
市川團十郎六代目





最近話題となった
アンナ・チャプマン





























目に青葉
















 
       
       
       
       
 
(八) 
第8章  紫 滞 煕 力 想 嵌 
 
8の1 
   紫 
 
【紫】、この字の「糸」の上の部は、ちぐはぐに並ぶことを意味する。そのためか、バラバラの赤と青を混ぜ、染めた糸の色。
それが【紫】。
 
そして万葉の時代から紫草(ムラサキ)の根は【紫】染めの原料。また解熱、解毒の漢方薬として重宝された。
それは多年草で、初夏から夏にかけて、白い花を 「群がって咲かせる」から 「ムラサキ」と呼ばれるようになったとか。
 
だが今の時代、自生地はほぼ壊滅し、幻の紫草は絶滅危惧種となっている。
 
そんな【紫】の薬草刈りに額田王(ぬかたのおおきみ)は出掛けた。そして、そこで前の夫を見掛け、一句詠った。
その歌こそが、現代においての万葉集一番人気。
 
『茜指す 紫野行き 標野(しめの)行き 野守は見ずや 君が袖振る』
そんなに袖を振らないで、今の夫の野守(前夫の兄:天智天皇)が見てるから。
 
それを受けて、元夫の大海人皇子(おおあまのみこ)は返歌する。
『紫の 匂へる妹(いも)を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我恋ひめやも』
あなたはもう人妻になってしまったが、今も恋してますよと。
 
【紫】という字、それは万葉のロマンスなのかも知れない。しかし、これがドイツとなるとそうでもない。
【紫】根は「ボラギナーチェ」。
 
それに油脂の「オール」を合わせ、「ボラギノール」となる。
『ボラギノール』、確かに聞いたことがある。
 
そう、痔の薬。
所変われば、まったく……ちぐはぐな話しとなってしまうのだ。
 
 
 
8の2
   滞 
 
【滞】は、「さんずい」に「帯」。
この「帯」は「おび」に「巾」(前掛け)を着け、ぎゅっと締め付けている形。
そこに「さんずい」が付き、【滞】は「水」が「帯」で締められたように流れずに、とどこおっていることだとか。
 
こんな解釈に、「うーん、なるほど。しかし、ちょっとこじつけ?」と呟きたくもなる。
 
さらに、【滞】は前に同じ意味の「渋」を付けて『渋滞』となる。
車の渋滞、誰しもこれにはウンザリだ。
だがこの渋滞、それはその長さではない。車の走行スピードで定義付けられている。
 
一般道では二〇キロ/時以下、高速道路なら四〇キロ/時以下になったら、『渋滞』と言うらしい。
やっぱり車が連なった距離で『渋滞』とした方がピンとくると思うのだが……。
 
そんな渋滞を、数学の微分方程式を使って解消しようとする学問がある。
それは「渋滞学」が呼ばれ、最近脚光を浴びている。
実例としては、東日本大震災の被災地に、いかに渋滞を起こさずに物資を運ぶとかだ。
 
そんな渋滞学が近々カーナビ渋滞情報にも取り込まれるとか。
そのポイントは、渋滞している道があり、そして抜け道があった場合、三割の人たちだけに、カーナビは抜け道ありとの情報を流す……そうな。
 
なぜなら、
みんなに流すと、抜け道も混んでしまうから……だって。
そんなの……これ学問?
 
ちょっと不公平じゃないの?
こう思うのも、脳の血液が【滞】っているためなのかも知れない。
 
 
 
8の3
   煕 
 
【煕】、難しい字だ。
上部の左は乳房の形、そして右は乳児の形。これにより授乳の姿で、養い育てる意味があるとか。
音は(キ)、訓は(ひかる)/(ひろい)/(やわらぐ)などと読む。
 
今から約五百年前に、『妻木煕子』(つまきひろこ)と言う女性がいた。
その熙子の夫は明智光秀。
 
光秀との婚約後、熙子は疱瘡(ほうそう)にかかり痘痕(あばた)が残る。
父はこの縁談が破断になることを心配し、妹に煕子の振りをさせて、光秀のもとへ送り出した。
 
しかし、光秀はこれを見破り、煕子を妻として迎え入れる。
夫婦は仲睦まじく、光秀の浪人時代、煕子は自分の黒髪を売って光秀の生活を助けた。
 
余談になるが、売られた黒髪、当時何のために使われたのか不明。
人形、それともカツラ。
有力なのは、女性が髪を結うにあたって、足りない所を補う髢(かもじ)だとか?
 
そんな煕子の内助の功があり、光秀は出世する。
光秀は側室を迎えず、妻の熙子だけを一途に愛した。
だが光秀が大病した時に、その看病疲れで熙子は亡くなってしまう。
 
その後、光秀は、日本歴史上最大のミステリー、『本能寺の変』を起こす。
そして、京都伏見の東部、小栗栖(おぐりす)の竹藪で、落ち武者狩りの百姓に竹槍で刺し殺される。
 
その辞世の句は、
『心しらぬ 人は何とも 言はばいへ 身をも惜まじ 名をも惜まじ』
 
明智光秀の生涯、それはただただ煕子と歩んだ人生だったのかも知れない。
 
そんな【煕】、「熙笑」(きしょう): なごやかに笑うこと。
また、「熙熙」(きき): なごやかに喜びあうさま、の熟語を作り、「衆人熙熙として楽しむ」とある。
 
とにかく【煕】という字、明智光秀と同様、どことなく愛着を覚え、そして拘(こだわ)りを持ってしまう漢字なのだ。
 
 
 
8の4
   力 
 
【力】、それは手の筋肉を筋張らせて、頑張る姿だとか。
確かに人は生きて行くために、様々な【力】が必要。
生命力/能力から始まり、最近は女子力/オッサン・シニア力まである。
 
されどやっぱり欲しいのは、継続力だろう。
継続は【力】なり。よく言われる。
 
だがその文言の前に、実は一つのフレーズがあった。
それは、「念願は人格を決定する」と。
 
そして、それに続けて、必要なものは「継続は力なり」となっている。なるほど、なんと力強い言葉だろうか。
住岡夜晃(すみおかやこう)は、大正時代に讃嘆の詩の中でこのように記した。
 
そして、それはまさに百年経っても、その思いは我々の心に沁みきて、現代人が生きて行く【力】になる詩なのかもしれない。
その詩の冒頭を参考に紹介させてもらおう。
 
青年よ強くなれ
牛のごとく、象のごとく、強くなれ
 
真に強いとは、一道を生きぬくことである
性格の弱さ悲しむなかれ
性格の強さ必ずしも誇るに足らず
 
『念願は人格を決定す 継続は力なり』
真の強さは正しい念願を貫くにある
 
ここからも【力】強く、住岡夜晃は引き続き詠う。
そして我々は「継続は力なり」の名言に感服するのだ。
 
 
 
8の5
   想 
 
【想】、「心」の上にある「相」は「木」を「目」でしっかり見て、生命力を盛んにする儀礼だとか。
それを他の人に及ぼし、心で「おもう」となるらしい。
 
そんな【想】、最近流行りの熟語が『想定外』
震災後、いろいろな場面で、今回の津波は『想定外』だった。また、原発事故は『想定外』だったと連発されてきた。
 
まず「想定」は、「ある一定の状況を仮に想い画くこと」と広辞苑にある。
そして後方に「外」が付くと、日本語では「私の責任外ですよ」のニュアンスが含まれる。
 
この『想定外』と言う言葉、なかなか英語にはなり切れない言葉なのだ。
だが無理矢理に変換されているのが、下記のような文言。
 
(1) beyond ones expectation
(2) beyond the scope of ones assumption
(3) outside ones imagination
 
(1)の「expectation」は「期待」で、「期待を越えて」となり、ちょっと意味合いが違う。
(3)は「イメージ外」で、やっぱりちょっと異なる。
この中でもまだ合っているのが、(2)の「assumption」(仮定/前提)だ。
 
しかし……しかしだ。
それでも「想定外」が英語にならない。
 
なぜなら、(1)も(2)も(3)も……「ones」の所有格。
つまり早い話しが……、「誰の」が必要なのだ。 
 
今回、場面場面で『想定外』と言った日本人たち、この「誰の」が欠落している。
そして、電力会社や政治家の英語のインタビュー、どうしても「誰の」が言えなかったのだろう。
 
『想定外』を苦し紛れに……英語で、単に「souteigai」と言ってしまっている。
これは一体何なんだろうか?
 
これからもいろいろ問題で、?外向けにも説明が求められることだろう。
そして、日本の関係者たちは、決して「beyond the scope of 『my』 assumption」と言わずに、変な英語、単に「souteigai」だけを乱発するだろう。
 
それは不幸なことに、国民が最近になって気付いてしまった、そう、充分予想できる……想定内のことなのだ。
 
 
 
8の6
   嵌 
 
【嵌】は、「山」/「甘」/「欠」の組み合わせ。
「甘」は鍵を掛けた字、「欠」は口を開いて立つ人を横から見た形。
これらに「山」が加わり、山中の入り込んだ窪(くぼ)みとなり、その中に物を入れる意味となるらしい。
 
これって一体どういうことと叫びたくなる。
そんなややこしい漢字だが、音で(カン)と読み、訓で(はまる)と読む。
 
そんな「ハマル」、最近大流行だ。
やれ韓流に、やれゲームに……ハマッタ! ハマッタ!
 
世間の皆さま、あちらでハマッタ、こちらでハマッタ、あちゃこちゃでハマリッ放し。
そして、また、その予備軍たちは口を揃えて仰られま~す。    
私……ハマリそう! 
 
こういう事態を麻雀で言えば、カンチャン待ちされていて、
そこへわざわざホウチャン(放銃)するようなもの。
要は、敵は四萬と六萬の間の五萬で待っていて、そこへわざわざ値打ちの赤五萬を放り込んで……ロン(栄)!
 
そんな「カンチャン待ち」、それを漢字で書けば、四と六の間の「間ちゃん待ち」ではない。
正しくは、まさにハマリ込むの、【嵌】張待ちなのだ。
 
またこういう事態を、言い換えれば、どつぼに【嵌】まった……と言うらしい。
 
されど、されどだ。    
あ~あ、まだまだ、あれやこれやに……【嵌】まりそう!
 
 
 
   






















白い花
ムラサキ


























































































































































































































































































































































  
     
     
     



 
         
     
 
 (九)
第9章  壺 雨 薔 遊 鳴 数 
 
9の1
   壺 
 
【壺】 、この字体、丸く腹がふくれ、口をすぼんだ「ツボ」の形だとか。
この【壺】という字、もう一つ漢字がある。 
それは中身が微妙に違う…… 【壷】
 
印刷標準字体の「亞」タイプと、非印刷字体の「亜」タイプとなっている。
これって、どちらが正しいのだろうか?
調べると、どちらも正解だとか。
 
そんな【壺】、その中には「壺中(こちゆう)の天(てん)」と言う別天地があるとのこと。
そこへ潜り込めば、酒が一杯飲めて、この世の憂さが忘れられるとか。
 
昔、費長房(ひちようぼう)という役人がいた。
ある日、楼上から眺めていたら、薬売りの老人が店先にある壺の中に跳び込むのを見てしまった。
 
興味が湧き、帰ってきた老人に頼み、一緒に壺の中に入れてもらう。
するとその中は、立派な建物が建ち並び、美酒佳肴(びしゆかこう)が一杯ある別天地だった。
費長房は老人とともに、それはそれは楽しい思いをした……そうな。
 
行ってみた~い!
ということで、近場を探してみた。
 
だが、そんな【壺】はどこにもない。
あるのは「骨壺」くらいなもの。
そんな【壺】に、もし飛び込んだら、閻魔大王の思う【壺】……ということになるのだ。
そして大王は嬉しそうに仰るだろう。
 
「間抜けが【壺】に嵌まりよった」と。
 
 
 
9の2
   雨 
 
【雨】、天から「あめ」が降る形の字。
そんな【雨】、少し科学的に解釈すれば、空から落ちてくる直径0.5ミリメートル以上、大きなものは直径3ミリメートルの水滴のこと。
それより小さい雨滴のことを、「霧雨(きりさめ)」と言う。
 
【雨】は平らな饅頭の形状をして、毎秒9メートルの速さで落下してくる。
そんな【雨】、必ず降る日がある。
それは曾我兄弟が討たれた陰暦の五月二十八日。
 
十郎祐成(じゆうろうすけなり)には契った遊女の虎御前(とらごぜん)がいた。その彼女が流す涙で、「虎が雨」(とらがあめ)と呼ばれている。
そして時代を経て、さらに情が入れば【雨】は詩となる。
 
雨はふるふる 城ヶ島の磯に
利休鼠(りきゆうねずみ)の 雨がふる
雨は真珠か 夜明けの霧か
それともわたしの 忍び泣き
 
北原白秋は城ヶ島の雨でこう詠った。
この中にある「利休鼠の雨」、それは抹茶のような緑色を帯びた鼠色。
 
イメージからすると暗い感じがするが、
「利休鼠は早緑(さみどり)の上に降る雨で、決して暗い鼠色ではない」と、後日、北原白秋は説明を加えている。
 
そんな風情一杯の【雨】が、初夏に降る。
 
 
 
9の3
   薔 
 
【薔】、難しい字だ。
音読みで、(ショク)、(ショウ)、(ソウ)、(バ)。
そして、「薇」と合体して「薔薇」(ばら)となる。
 
低木で棘のある木が「茨荊棘(いばら)」。「い」が抜けて「ばら」、それに漢語の「薔薇」を宛てたとか。
それを音読みで(そうび)、(しょうび)と読む。
 
その「薔薇」の字、日本での初登場は約一、一〇〇年前の西暦九一八年。
本草和名という本で、「うまら」と読まれている。
 
そんな「薔薇」、一八六七年以前の薔薇は「オールドローズ」と呼ばれ、それ以降の四季咲きは「モダンローズ」と大別される。
そして最近人気があるのが、この二つのDNAを持つ「イングリッシュローズ」だとか。特徴は、なんとなく芍薬(しやくやく)のような、いや牡丹のような……やっぱり薔薇かな?
 
そんな薔薇、かってクレオパトラは、百均の温泉名湯の粉ではなく、一杯の薔薇の花びらを浮かせた風呂に、毎晩とっぷりと浸かっていたとか。
美人は薔薇によって育まれるものなのだろうか。
 
そんな期待に応え、あるはあるは薔薇冠商品。
薔薇香水はもちろん、薔薇水、薔薇茶、薔薇酒、果ては薔薇団子に薔薇饅頭までもが。
 
ということで、【薔】の世界、古今東西、実に賑わってるようだ。
 
追記:
だが、残念なことだ。ほとんどの人が【薔薇】という字が書けない。
 
【薔】……草に土、人人が回る
 
【薇……草の下が微か、ただその中の山下に一あり
 
これで今日から威張れるぞ。【薔薇】という字書けるよと。
 
 
 
9の4
   遊 
 
【遊】は、道を行く意味を持つ「しんにゅう」。
その上に、神霊が宿っている旗を建てて出行する形の上の字を乗せている。
そこから神霊が遊ぶこととなり、さらに発展し、人が興のおもむくままに行動して楽しむこととなった。
 
白川静先生は「遊字論」の中で、【遊】について次のように説明されている。
遊ぶものは神である。
神のみが、遊ぶことができた。
【遊】は絶対の自由と、ゆたかな創造の世界である。
それは神の世界に他ならない。
この神の世界にかかわるとき、人もともに遊ぶことができた。
 
そんな【遊】、芭蕉が奥の細道の序文の元にもしたが、李白の「春夜桃李園に宴するの序」にある。
 
夫(そ)れ天地は 萬物の逆旅(げきりよ)にして
光陰は 百代の過客(くゎかく)なり
而(しか)して 浮生は夢の若し
歡を爲(な)すこと 幾何(いくばく)ぞ
古人燭を秉(と)り 夜に【遊】ぶ
 
この中にある言葉・『秉燭夜遊』(へいしょくやゆう)。
これがまことに素晴らしい言葉なのだ。
 
その意味は、人生は儚(はかな)く短いもの。
だからくよくよせずに、夜更かしして、『夜遊び』しましょう、というものだ。 
簡単に言えば、『夜遊び』の大奨励。
 
そんな『秉燭夜遊』、座右の銘にしている輩がいるとか。
えーい、それに賛同して、元々【遊】は神だけに許された行いだが、
思いっ切り……【遊】んじゃいましょう!
 
参考: 奥の細道の序文
 
月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。
舟の上に生涯をうかべ馬の口とらへて老を迎ふる者は、日々旅にして旅を栖とす。
古人も多く旅に死せるあり。
 
 
 
9の5
   鳴 
 
【鳴】、「口」と「鳥」が組み合わされた漢字。
「口」は祝詞を入れる器で、「鳥」の鳴き声で祈ることとか。
 
そんな【鳴】、この世では多種多様なものが鳴く。
鶯は、梅に鶯ホーホケキョと鳴き、雉も鳴かずば打たれまいと注意されても、それでもケーンケーンと甲高く鳴く。
そして大山鳴動して鼠一匹と、山まで鳴く。
 
しかし、清少納言はもっとスゴイ!
枕草子の中で、蓑虫(みのむし)まで鳴かせてしまったのだ。
 
いわく、
蓑虫の親は、子に可笑しな着物を着せて、秋風が吹く頃に迎えに来てやると言って、どこかへ逃げてしまった。
 
それで蓑虫は、仲秋の頃になると、「ちちよ、ちちよ」と鳴く。
それが哀れで、心が動かされる。
 
こんなことを、平安時代のブログで仰っられたのだ。
それから一千年の春秋を経てしまったが、これがまた律儀に、高浜虚子は俳句でコメントを返す。
 
「蓑虫の 父よと鳴きて 母もなし」と。
 
そして、それだけで止せば良いのに、また調子に乗って、高浜虚子はついでにと……、
「亀鳴くや 皆愚なる村のもの」と、亀まで鳴かせてしまったのだ。
 
そんなん鳴くかー! と叫びたくなるが、俳句の世界では、他に鳴くものは一杯ある。 
驚くことに、季語にまでなってしまっている。
 
田螺(たにし)鳴く    (春)
たにしって、たんぼにいてるたにしが……どう鳴くねん?
 
蝸牛(かたつむり)鳴く    (夏)
梅雨時、紫陽花にかたつむり、ツノ出して鳴くんかい?
 
蚯蚓(みみず)鳴く     (秋)  
みみずって、土から出て来て……、みみずの遠吠えか?
 
こうなれば、もう何でもありだ。
ならば……ならばだ。 
鮎風の「鮎」。
「鮎鳴く」も夏の季語として、充分あり得る話しだ。
 
で、一句できあがり!
鮎【鳴】くや 皆塩焼きに 夏の涼
 
で、鳴き声は?
シオシオ…シオシオ
 
 
 
9の6
   数 
 
【数】、元の漢字は【數】
その【數】の左部は、女性が髪を高く巻き上げた形。
右部は崩すという意味があり、その二字が合わさって、髪が崩れ、髪の毛が数えられないほど乱れた状態。
それを【數】というらしい。
 
そして【数】は「数字」となり、一、二、三の漢数字に、また1、2、3のアラビア数字、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのローマ数字…などになる。
さらに【数】は語呂合わせされ、言葉にも変身するのだ。
 
本エッセイでは、恥ずかしながら本邦初公開。
思いっ切り行きましょう。
 
テーマは……『貴女の彼は、どんなヤツ?』
 
(11)82  (カッコいいヤツ)?
それとも 8636 (ハンサム)?
秘密は守られてます。
お気に入りの【数】を、どうぞ。
 
007182       折れないヤツ
0315782      オー最高なヤツ
03510782     お見事なヤツ
037182       幼いヤツ
1182         いいヤツ
 
18782        嫌なヤツ
23782        地味なやつ
269782       付録なヤツ
29182        ニクイヤツ
356782       見頃なヤツ
 
4182         良いヤツ
420782       失礼なヤツ
45182        すこいヤツ
4646782      よろよろなヤツ
487182        シャーナイヤツ
 
49982        よく食うヤツ
5386         ゴミヤロー
5561182      心がいいヤツ
5922782      極普通なヤツ
697782       無口なヤツ
 
753782       和みなヤツ
8293182      パンツ臭いヤツ
8910782      薄情なヤツ
9041782      クレージーなヤツ
992782       窮屈なヤツ
 
#782        シャープなヤツ
65182        むごいヤツ
5182         濃いヤツ
425686       死に頃ヤロー
 
でも、やっぱり   110105   いいオトコ。 
 
ここまでくれば、もう止まらない。
算数言葉を。
 
18782 + 18782 = 37564
(嫌なヤツ + 嫌なヤツ = 皆殺し)
 
0105 ー 30 = 075
(おとこ ー 去れ = おなご が残る)
 
88951 ー 4951 = 84000
(早く来い ー 至急来い = はよせんかい)
 
【数】、それは尽きず、いつまでも遊ばせてくれるのだ。
それでは、この辺で、
 
110753 (いいおなごさん)と
834103 (やさしいおっさん)に
 
0 8 4 3 。 (おやすみ)
 
 
 


























壺の中に
繁華街が見える







































広重が描いた
虎御前










利休鼠の色合い




































イングリッシュローズ一番人気
アブラハム・ダンビー

































































































































































































































 
       
       
 
 (拾)
第10章 秋 蕎 苺 青 郷 答 
 
 
10の1
   秋 
 
【秋】、元の字は【穐】
【穐】、穀物を表す「禾」(いね)に「亀」がつく。  
この場合の「亀」はカメではなく、イナゴのことらしい。それを焼き殺す時季のことだそうだ。
 
そんな「亀」をイナゴと無理強いする【秋】、フランスの詩人のポール・ヴェルレーヌは「落葉」で詠った。
 
秋の日の ヴィオロンの ためいきの
身にしみて うら悲し
 
言葉の響きが良く、日本人の誰しもが一度は口にしたことがあるだろう。
そして、この詩人はよほどロマンチックな人だろうと考える。
 
残念なことだ。
このポール・ヴェルレーヌという男、まことにひどいヤツで、その生涯は酒/女/男/背徳/悔恨が混在し、妻への暴力もあった。舞い落ちた落葉みたいなヤツだったとか。
それを上田敏は続けて哀愁深く和訳した。
 
鐘のおとに 胸ふたぎ 色かへて 涙ぐむ
過ぎし日の おもひでや
げにわれは うらぶれて ここかしこ
さだめなく とび散らふ 落葉かな。
 
だが日本にも秋の言葉がある。
室町時代の名僧、一休は思いを込めて呟いた。
 
『秋風 一夜 百千年』
意味は、秋風の中、あなたと共にいる。それは百年にも、また一千年の歳月にも値する。
秋風の中、すべては巡り合わせてくれた縁……だとか。
 
良い言葉だ。しかし、この「秋風一夜百千年」、どう読むのだろうか?
それがどうも……カラスの勝手らしい。
 
「しゅうふう いちや ひゃくせんねん」
「あきかぜ ひとよ ももせんねん」
「チューフェン イーイエ バイ チアン ニアン」
 
まさに一休さんの【秋】、それは頓知含みかな?
 
 
 
10の2
   蕎
 
【蕎】、この字の読みは(キョウ)。
これに「麦」が付いて『蕎麦』(そば)となる。
 
元の和名は、「曾波牟岐」(ソバムギ)だとか。
それを貝原益軒は、わざわざと、「そばむぎ」と言うが、それは「麦」ではない……と。 
 
そらそうだ。
パチパチパチの拍手。
 
さらに貝原益軒は、みんなの食べ物で、麦の次に良い味だと順位付けた。
放っといてくれと言いたいが、これを現代版に直せば、麦ときたならパン。そのパンの次に蕎麦が美味いと言うことか?
 
この意見に反対だと叫ぶ人たちも多くいることだろう。
パンも美味しいし、蕎麦も美味い。
 
そんな蕎麦だが、タデ科の一年草。夏から秋に白い花を咲かせる。
その実は三角卵形、乾くと黒褐色になり、それからそば粉が作られる。
それを麺にする時に、「つなぎ」として何割か小麦粉を使う。だが、「つなぎ」なしの蕎麦粉だけで打ったのが、十割蕎麦だとか。
 
そんな蕎麦(そば)、若い頃、どこが美味いのか理解でこなかったのが「にしんそば」
だが不思議なものだ。筆者は最近それにいたく嵌まっている。
 
こんな『蕎麦』とのお付き合い、振り返れば、
かけそば → ざるそば → 天ざる → とろろそば、そして今は「にしんそば」と我が遍歴がある。
それはまるで人生の歩みと同じようなもの。
 
この歳になって、やっとやっと「にしんそば」の域に達したかと、己のことながら感じ入ってる。
そしてさらに歳を重ねれば、どうなるのかな? 
 
終焉には、
『うどんそばより かかあのそば』……と、なるのかなあ?
 
少し遅過ぎの感はあるが。
 
 
 
10の3
    苺 
 
【苺】、「草」冠の下に「母」。
この字体は、「母」の株からどんどん子株を増やして行くからだとか。
 
そんな【苺】(いちご)、四~六月が旬。
だが最近は一年中店先に並ぶ。
高価だが、五個食べれば、一日に必要なビタミンCが摂取できる。
 
ビタミンCは血管/骨/筋肉の形成に必要なコラーゲンの生成を促し、日焼けを防ぐ。またキシリトールも含まれ、虫歯対策にもなる。その上に、その甘さは砂糖の四分の一と低カロリー。
まさに黄金のフルーツと言いたいところだが、学術分類でいけば野菜だとか。
 
そんな【苺】に白書がある。
正式名は、『The Strawberry Statement』(いちご白書)。
 
 
 
これは実話であり、時はキャンバスが学生運動で揺れていた一九六六年から一九六八年。場所はコロンビア大学。
改革の推進活動をする学生達が学部長事務所を占拠した。それに対して、学部長はラジオ放送でこう述べた。
 
「学生達の主張は大事だが、学生たちが【苺】が好きだと言う程度のもので、重要ではない」
これが「苺ステートメント」、「白書」なのだ。
 
筆者も、あの学生運動の頃から随分と歳を重ねてしまった。
「【苺】が好きだと言う程度のもの」と評されてしまったが……それでもやっぱり好きで、囓(かじ)ってみたい。
 
そこには赤くて甘酸っぱい……一粒一粒との、
 
【苺】一会、 イチゴイチエがあるのだ。
 
 
 
10の4
   青 
 
【青】、上部は「生」で、草の生え出る形で、青々と茂っている。また下部は「丹」で、顔料の青丹。いずれも青色ということだ。
 
そんな【青】、昭和三〇年頃、菅原都々子(すがわらつづこ)は……
♪♪ 月がとっても青いから 遠まわりして帰ろう ♪♪ と歌った。
 
これは日本人の感性。
確かに月が青く見える時がある。
 
しかし、それが西洋となると……「blue moon」(ブルームーン)。
ブルームーンなんて、彼らにとって滅多にないことなのだ。
 
"once in a blue moon" (ワンス・インナ・ブルームーン)
こんな熟語があり、意味は「決してあり得ないこと」を言う。
 
だが、これが火星となると随分と変わってくる。
ここでは夕焼け。
火星の昼間の空は赤い。そして陽は落ちて、夕焼けとなると【青い】のだ。
 
理由は、火星の大気がほとんど二酸化炭素。そこに酸化鉄の微粒子が一杯。
昼間はその散乱で赤く、太陽が地平線に傾くと、赤色が飛び散り過ぎて、青色だけが目に届くからだそうだ。
 
♪♪ 夕焼け小焼けの赤とんぼ ♪♪
これはどうも地球だけの歌。
火星では青焼けで、
♪♪ 夕焼け小焼けの 【青】とんぼ ♪♪ と歌詞が変わる。
 
だが生活は四苦八苦の我が身、
♪♪ 助けて 助けて 【青】色吐息 ♪♪ と、火星に行かなくとも……【青】一色なのだ。
 
 
 
10の5
   郷 
 
【郷】、饗宴で二人向かい合って座る姿だとか。
そして今では田舎または里の意味。
その中でも是非行ってみたい【郷】は、理想郷/桃源郷だ。さらに言えば、シャングリ・ラ(Shangri-La : 香格里拉)。
 
イギリスの作家ジェームズ・ヒルトンは、一九三三年に出版した小説「失われた地平線」にそのシャングリ・ラを書いた。
チベットの未知の地域、つまりヒマラヤ山脈の西の果てに、その崑崙(こんろん)山脈の方へ向かった辺りに、カラカル(Karakal)という名の八、五〇〇メートル以上の高峰がある。 
その麓の霧の漂う谷間、その辺りがどうもシャングリ・ラらしい。
 
空気は澄み、水は清らかに流れ、草花は可憐に咲き乱れる。自然の中で生命を授かった生物すべてが……活(い)き活(い)きと美しい。
そんな世界があると言う。そんな所で暮らしてみたいものだ。
 
だが考えてみれば、我々は現代人。
ウォシュレット・トイレがない所……「ちょっと、どうもね」となってしまう。
 
ならば我々のシャングリ・ラ、それは一体どこにあるのだろうか?
それは、それぞれの人が求める条件、それを満たした【郷】となるのだろう。
 
恥ずかしながら、我が【郷】の七つの条件は、
一、ネットが繋がること
二、大型モールや居酒屋があり、息が抜けて、町に繋がる便利なこと
三、もちシャワー/ウォシュレット・トイレ/ベッドが揃っていること
四、趣味活動の近場であること
 
五、近場にゴルフ場があること
六、周りに自然があること。だが蚊がいない所
七、災害から縁遠いこと
 
まさにそれは、シャングリ・ラではなく……「俗人グリ・ラ」。 
俗人【郷】なのだ。 
 
 
 
10の6
   答 
 
【答】、元々は「合」が「こたえる」の意味を持っていたとか。
この「合」、神への祝詞を入れる器の意味のある「口」に蓋をしている形。
そして問いに対して「こたえる」こと、それに【答】の字を充てたそうだ。
 
そんな【答】、世の中には二通りあるようだ。
それは「名答」「迷答」
 
足利義満が「屏風絵の虎が夜な夜な屏風を抜け出して暴れる、退治できないか?」と一休さんに問うと、「では捕まえますから虎を屏風絵から出して下さい」と切り返した。
なるほどと感心する「名答」だ。
 
だが、これが「迷答」となれば、笑えてくる。
森元首相がクリントン大統領を訪問した時の会話。
クリントン大統領に向かって、「Who are you ?」、「お前さんは、誰だ?」と聞いてしまった。
 
どうも森さんが、「How are you ?」と言うところを言い間違えたようだ。すると、クリントン大統領は森さんに「名回答」する。
 
「I'm Hillary's husband.」
「私は、大統領だ」と言わずに、「私は、ヒラリーのダンナだよ」と答えた。
 
上手いこと言ったものだ。
すると森元首相は……それに「迷答」する。
 
「Me too.」だって。
「私もそうです」って、何を勘違いしたのかな? 
外交どころではない。
 
そしてもう一つ、歴史に残る「迷答」を。
長嶋茂雄さん、若い時にクイズ番組に出た。問題は英語。
 
「I live in Tokyo.」 (私は東京に住んでます)
これを過去形に直して下さいという質問。さてさて長嶋茂雄さんはどう答えたか?
 
答は、『I live in Edo.』 (私は江戸に住んでます)。
うーん、確かに過去形だ。
 
【答】、ことほど左様に、そこにはいろいろな笑いバージョンがあるようだ。
 
 
 
 























































































そばの花





にしんそば













































































































シャングリ・ラ
















 
       
 
(壱拾壱)
第11章  絆 楽 川 探 姫 虹 
 
 
11の1 
    絆
 
 
【絆】、馬を繋ぎ止めておく綱のこと。
平安時代の辞書「和名抄」に、この意味で載っているとか。
 
熟語は、行動を束縛する「覊絆(きはん)」、足に巻き付ける「脚絆(きやはん)」、他に馴染みの「絆創膏(ばんそうこう)」がある。
 
四字熟語では、座右の銘にしたいと人気のある「不屈不絆」(ふくつふはん)。
どんな困難にあっても挫けず、束縛も受けない、「独立自尊」と同等の意味とか。
 
そんな【絆】(きずな)、二〇一一年の漢字一文字となった。
地震、津波、原発の大きな三災害があり、その復興に向けての家族、友人、国民の【絆】が注目された。
 
だが、この【絆】という字、訓読みでは【絆(ほだ)される】(ほだされる)。
情に【絆】されて、金を貸してしまったなどと、あまり前向きには使われてこなかった。
 
夏目漱石は草枕の冒頭で言った。
「智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」と。
 
この「情に棹させば流される」が、「情に絆(ほだ)される」ということらしい。
 
しかし、今回、【絆】は「情に絆される」という世界から、「愛」という字と同レベルの、人にとって大事な漢字へと進化したのだ。
 
 
 
11の2
   楽 
 
【楽】、元の字は【樂】
木に「繭」(まゆ)のかかる様を表した「櫟」(くぬぎ)の木、その象形だとか。
また、木に鈴を一杯付けた祭礼用の楽器の象形だとか。いずれにしても浮かれ出したくなる字体だ。 
 
「楽は苦の種、苦は楽の種」
世間ではこんなことが言われてるが、「楽は生の種」なのかも知れない。
 
そんな【楽】、人によってその味わい方はそれぞれだ。
歌を唄って楽しい。ものを書いて、気分が高揚する。絵を描いて、時を忘れる。
 
みんなの楽しみ方は様々だ。しかし、そこには共通点がある。
【楽】の真っ最中、脳内ではドーパミンという物質が溢れ出ている、
 
ドーパミン、それを化学記号で表せば、極単純な「C8H11NO2」
とにかく炭素、水素、窒素、酸素の組み合わせだけで……もう幸せ気分。
 
ならば、もっと楽しい気分になるためには、もっと「C8H11NO2」を増やせば良い。
ネットで調べてみれば、その一番目の答が……「神を信じること」でした。 
これって、どやさ? ……だよなあ。
 
さてさて脳内ドーパミン、一般市民的には「C8H11NO2」を増やすために、何をすれば良いのだろうか?
さらに調べていけば、答があった。
レバーを食べろ、と。
 
いやはや、神を信じることより、こちらの方がなんとなく信憑性(しんぴようせい)がありそうな気がしてくる。
 
ひょっとすると、ニラレバ炒めは【楽】の種なのかも知れないぞ。
 
 
 
11の3
   川 
 
【川】、勢いよく流れる水の形だとか。
そんな【川】、日本ではありとあらゆる所で流れている。一番長い川は信濃川だ。
 
ならば一番短い川は? それは那智勝浦にある。
なんとその長さ、たったの十三.五メートル。
こんなのただの水たまりと言いたくなるが、正真正銘の二級河川なのだ。
 
この川、不思議なことに、いつも川底からぶつぶつと水が湧き出しているそうな。
 
だから名前は……「ぶつぶつ川」
ズルッと滑りそうになるが、一度自分の目で確かめてみたいものだ。
 
しかし、知らず知らず 歩いてきた 細く長い この道……
いくつも 時代は過ぎて
ああ 川の流れのように とめどなく……♪~♪
 
こう歌えば、【川】は実に情緒が出てくる。そして人はいつも思うのだ。
長さ十三.五メートルの「ぶつぶつ川」は別として、川の源を確かめてみたいと。
 
穏やかな川の流れから上流へと向かうと、まず鮎が泳ぐ清流となる。そしてさらに山へと入って行けば、そこには岩魚(いわな)が住む渓流がある。そして、そこには冷涼(れいりよう)で神秘な世界がある。
 
人はなかなかそこまでは足を踏み入れることができない。そのためなのだろう、余計にそんな自然の中へと身を置いてみたくなる。
 
とにかく【川】という字、人を源流へと誘(いざな)ってくれるのだ。
 
 
 
11の4
   探 
 
【探】、穴の中で火をかざしてものを捜す意味だとか。
 
歳を重ねてくると、毎日探し物の山だ。
常に未発見物三、四点は抱えた状態で、とりあえず暮らしている。
 
ならば、探し物が今すぐに出てくるアクションは何だろうか?
調べてみれば、そのアクションは三つあるとか。
参考に紹介しておこう。
 
(一) 呪文「にんにく、にんにく」と唱えながら、探すこと。
    小悪魔が悪ふざけで隠している。
     だから、嫌いな「にんにく」で嫌がらせし、
    白状させる……という方法。
 
(二) 井上陽水の「夢の中へ」
    ♪ 探し物は何ですか……それより僕と踊りませんか ♪
    と歌って、探す。
    要は、歌って、小悪魔を油断させておいて、見つける。   
     という方法。
 
(三) ドラえもんに頼む
     『なくし物とりよせ機』を、ポケットから出して、
    どうも貸してくれるらしい。
    これを使って、探し物をとりよせる。
    世間では、これが一番人気らしい。
 
このような三方法だが、我が経験からすると、にんにく呪文で七、八割の探し物発見実績がある。
 
しかし、天下のマーフィーも探し物には随分苦労したようだ。
 
マーフィーの探し物の法則では、
(1) 探し物は、一番最後に探す場所で見つかる。
 
(2) 最後に探す場所で見つかるというわけではない。
    最初に探したのに、一回目では発見されないだけだ。 
 
さらに居直ってしまって、
(3) 失くしたものを見つけるには、新しく買えばいい。
 
いずれにしても、【探】、穴の中で火をかざして、ものをさがす意味。
そんなの、やっぱりそう簡単には見つからないぞ。
 
 
 
11の5
   姫 
 
【姫】、右の「臣」は元々乳房を表す。
それが「女」と組み合わされ成人した女性のこと。
そして時を経て、高貴な人の娘の意味となる。
 
こんな【姫】、西洋で有名なのがオーストリア/ハンガリー皇紀のエリザベート(一八三七年~一八九八年)だ。
愛称はシシー
 
その生涯は波瀾万丈だった。ここで、その生涯を振り返ってみよう。
名門の公爵(こうしやく)一家に生まれたシシーは、おてんばさん。馬には乗るは、町に出ては銅貨を投げてもらうはの、まるっきりお嬢さんぽくない娘だった。
 
だが十五歳の時、姉のネネとセットで、オーストリア帝国皇帝フランツ・ヨーゼフと見合いをさせられた。
シシーは気に入られ、政略結婚成立。
 
しかし結婚したら、やっぱり嫁姑問題が起こる。
シシーは馴染めず、宮廷のしきたりを完全無視して、ビールは飲むはの大反発。
 
そして不幸が。
一八五七年(二〇歳)の時に、長女を突然亡くしまう。
これで、今で言う心身症になり、その療養にと旅に出る。行った先は大西洋のポルトガルの先っぽにあるマデイラ島。美しい島だ。
 
だが、さらに不幸は続き、一八九八年、政略結婚させた長男のルドルフが、十六歳の令嬢マリーと狩猟小屋で情死(暗殺の疑いも)。
シシーはショックを受け、その後喪服姿で生きていくこととする。
 
こんなシシーの一番の理解者が、従兄弟のルートヴィヒ二世。これがまた奇人で、ワグナーのオペラに入れ込んでいた。だが、ただあの美しい新白鳥城を作る。
そして湖で溺死。
これが世界のミステリーの一つとされている。
 
シシーは、一八九八年九月十日、スイスのジュネーブのレマン湖、蒸気船に乗るために歩いていた。そこのところを、ルイジ・ルケーニという男に刺され、その一生を閉じる。
 
動機は、「誰でもよかった」。
こんな呪われた、しかし、奔放に生きようとしたエリザベート(シシー)、たくさんの「死」とともに生き、享年六〇歳で生涯を終えた。
 
【姫】という漢字、
古今東西、そこには常に波瀾万丈のドラマがつきまとうものなのだ。
 
 
 
11の6
   虹 
 
【虹】、「虫」と「工」の組み合わせ。
「工」は上部に反る工具のこと。そして、「虫」は爬虫類の形。したがって【虹】は、にじに棲む反り返る龍のことだとか。
 
そんな【虹】、ゲーテは言った。
「虹だって十五分続いたら、人はもう見向かない」と。
 
確かにと思うが、なんと情緒のないことか。
その点、インディアンは違う。
作者不詳だが、有名な詩がある。それは「虹の橋」。先立って逝ったペットたちへの思いなのだ。
 
亡くなったペットは、虹の橋のたもとにある楽園に行き、飼い主をずっと待っている。
飼い主がこの世を去った日に再会する。 
 
かってのペットが全力で駆けて来てくれて、顔中に一杯キスしてくれると言う。
そして一緒に虹の橋を渡って、天国へと行くのだ。
 
そう言えば、もう一度逢いたい昔のペットたちがいる。
もっと散歩に連れて行ってやれば良かった。
もっと美味しいものを食べさせてやれば良かった。
まず謝らなければならないのかも知れない。
 
だが、いつか一緒に【虹】の橋を渡って行きたいものだ。
それまで待っていてくれるか、ちょっと自信はないが……。
 
 
 























































































































ぶつぶつ川







ヨセミテ源流


































































シシー













新白鳥城





暗殺される直前
























 
       
       
       
 
 (壱拾弐)
第十二章  乾 曜 縮 羅 薯 年
 
 
12の1 
   乾 
 
【乾】、元の字は車に立てた吹き流しがはためく形だとか。
晴れた天候であり、それが「乾いている」という意味になる。
 
また、この【乾】、中国に伝わる易、八卦において、【乾】は「戌」(いぬ)と「亥」(い)との間の北西の方角。
だから、(いぬい)とも読む。
 
そして【乾】、師走ともなれば忘年会。 
あちらこちらで「乾杯」、杯を乾かす掛け声が聞こえてくる。
 
だがこの「乾杯」、所変われば言い方が変わってくる。
中国は「干杯」(ガンベイ)、割に近い。
英語は「チアーズ」、フランス語は「アボートゥル サンテ」。
 
スペイン語では 『サルー』(salud)。
友人の結婚式、スペイン在住の悪友に乾杯の音頭を頼む。
 
「新郎新婦の幸せを願って、乾杯をさせてもらいます。皆さまの御唱和を高らかにお願いします。
 
それでは……サルー!(去るー!)」
親族一同からブーイングの嵐が……。
 
これがイタリア語の友人となるとちがう。
「皆さまの御唱和を、高らかにお願いします。
 
それでは……チン チン! (Cin Cin!)」
親族一同が椅子からずっこける。
 
で、最近の日本では、横向きに、
とにかく絵文字的に
( ^_^)/U☆U\(^_^ ) 乾杯!
 
【乾】が、ここまで進化してしまったのだ.
 
 
 
12の2
   曜 
 
【曜】は、元々日光が輝く意味。
だが、一週間は七曜星となる。
 
日曜日は太陽が輝き、月曜日は月が輝く日。
ならば土曜日は?
 
土星が輝く土曜日。ちょっと暗すぎないか?
天体写真で冠をかぶった土星、もうちょっと光れよと言いたくなる。
 
そんな【曜】、国宝に「曜変天目茶碗」(ようへんてんもくちやわん)がある。
漆黒の釉面に結晶による斑紋が群をなし、瑠璃(るり)色の美しい光彩を放ち、妖しく光り輝く。
こんな深い青の輝きを曜変させる茶碗、世界に三つしかなく、いずれもが日本にある。
 
そんな希少な茶碗、秀吉が信長に献上しようと思っていたが、家康が調子に乗って、どうもガッチャンと割ってしまったようだ。
それ以来のことだ。秀吉と家康の仲が悪くなったのは……、と裏伝説となっている。
 
こんな「曜変天目茶碗」、とにかく茶碗の突然変異。
過去に陶芸家が幾度となく再現しようと挑戦してきたが、未だ完成していない。
 
しかし、この妖しく青く輝く【曜】、人を虜(とりこ)にし、多くのロマンを生んできたのだ。
 
 
 
12の3
   縮 
 
【縮】、右部の「宿」に「ちぢむ」の意味があるとか。
そして縮むのは距離や物だけではない。言葉も縮むのだ。
 
世の中、短縮語が氾濫している。
マクドナルドは関東でマック、関西ではマクド。
ケンタッキーは関東でケンタ、関西ではケンチキ。
 
他に婚活にアラフォー、アラカン。
セクハラにパワハラ、メル友にPPK……等々。
ならば、もの書き創作活動は「カキカツ」、「ソウカツ」になるかな?
 
一方、言葉には「縮小辞」というのがある。
要は……「なになにっこ」だ。
東北地方では「べこっこ」に「ねこっこ」、一般的には「ぶりっこ」など。とにかく「なになにっこ」は「ちょっと可愛いね」の意味を持つ。
 
そして、これがスペイン語となれば、男性名詞には「~ito」(~イート)、女性名詞には「~ita」(~イータ)。 
まさに、これらの付けまくりだ。
日本語で言えば、なんでもかんでも、「なになにっこ、可愛いね」と言ってるようなもの。
 
その代表が、朝から晩まで、男性は女性に「ボニータ」(可愛い)と言うのが務め。この「bonita」の「~ita」(~イータ)が縮小辞。
 
「poco」 : ポコ 「少し」は
 →  「poquito」: ポキート 「ほんのちょっぴり」
 
「chico」 : チコ 「子供」は
 →  「chiquito」: チキート  「お子ちゃま」
 
「gato」 : ガト 「猫」は
 → 「gatito」 : ガティート 「子猫ちゃん」
 
他に人の名前、それらまでも可愛く、とにかく「なになにっこ」の付けまくりだ。
ラウラはラウリータに、カタリナはカタリーナと。
 
ならば日本では、新生児、女の子の二〇一一年の人気ある名前は……陽菜結衣
ちょっと可愛いく、スペイン風には……「ヨウニーナ」と「ユイーナ」になる。
 
では男の子の名前の一番人気は……「大翔」
 
されど……???
こんなの読めませんがな。これ、「縮小辞」以前の問題。
 
調べてみれば、どうも「はると」と読むらしい。
しかもパソコンで変換可。知らなかった。
 
で、結果、めでたく「ハルティート」となりやんした。
いやはや……【縮】、同じ縮めるにしても、いろいろだ。
 
 
 
12の4
   羅 
 
【羅】とは、鳥や小動物などを捕獲するための網のこととか。
そして、その字の前に、衣がひるがえる様を意味する「娑」が付いて『娑羅』(さら、しゃら)となる。
 
祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
娑羅双樹(しやらそうじゆ)の花の色
盛者必衰の理(ことわり)をあらわす
 
おごれる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もついには滅びぬ
偏(ひとえ)に風の前の塵に同じ
 
これは平家物語の冒頭の言葉。
この意味を簡単に解釈すれば、祇園精舎の鐘の音には、永遠に続くものはないという響きがある。
 
娑羅双樹(しゃらそうじゅ)の花の色は、それを表してる。
春の夢のようなものであり、栄えた者も塵のように滅びていく。
この文中に、娑羅双樹の花の色は盛者必衰の理をあらわすとある。
 
ならばどのような花で、どんな色なのだろうか。
それは夏椿に似ているが、別種。
 
娑羅双樹の花、京都妙心寺(みようしんじ)の東林院(とうりんいん)で、毎年六月に公開される。梅雨時に咲き、一日で散っていく儚い白い花なのだ。
庭園の緑の苔に、白い花がはらはらと落ちているさま、生滅流転の儚さを充分醸(かも)し出す。
 
【羅】は、『娑羅双樹』の花の色となり、それはまさに盛者必衰の理を思い至らせてくれる。
 
 
 
12の5
   薯 
 
【薯】は、訓読みで(いも)、音読みで(ショ)。意味はいわゆる「芋(いも)」。
だが、「芋」は太くて長い形の意味があり、【薯】は太くて丸くて、蓄える意味があるとか。
これは長芋とジャガイモ(馬鈴薯)の差か?
 
しかし、【薯】、「薯蕷」/「自然薯」/「捏ね薯」と熟語を作るがほとんど読めない。「とろろ」に「じねんじょ」、そして「つくねいも」だ。
一方、ジャガイモ(馬鈴薯)は肉じゃがの材料となる。
 
京都府の日本海側に海軍の町、舞鶴がある。
舞鶴湾はその湾口の幅が七〇〇メートルしかなく、軍事の視点から自然の良港。 
 
そのため、一九〇一年に舞鶴鎮守府(ちんじゅふ:艦隊を後方から統轄する海軍基地)が開かれた。
その初代長官が英国留学帰りの東郷平八郎(とうごうへいはちろう)。
 
当時は、航海中の水平さんに脚気(かつけ)が多く、何か栄養の良い食事はないかと、東郷さんは考えた。そして思い付いた。
「そうだ、エゲレスで食べたビーフシチューが良い!」と。
 
早速料理長に、「ビーフシチューを作れ」と命じたが、そんなの知りません。
で、「肉とジャガイモを入れて、とろっと煮ろ」と教えたら、「とにかく作ってみましょう」と醤油と砂糖でぐつぐつ煮てしまった。
 
ここに日本初の肉じゃがが出来上がったのだ。
 
だが、最近異論が出てきた。同じ軍港の呉の方から、「肉じゃがの発祥地は呉じゃ」と宣戦布告。
これが世に言う……多分永遠に解決しない「肉じゃが戦争」
 
ただ救いは、二つの「肉じゃが」には若干の違いがある。
舞鶴の肉じゃがは男爵いもにグリンピース入り。
呉の肉じゃがはメークインにグリンピースなし。
 
いずれにしても、【薯】、話題に良い味を出してくれている。
 
参考に、海軍厨房の肉じゃがレシピをどうぞ。
所要時間は、きっちり三四分
 
一. 開始   油入れ送気
二. 三分後  生牛肉入れ
三. 七分後  砂糖入れ
四. 十分後  醤油入れ
五. 十四分後 蒟蒻(こんにやく)、馬鈴薯入れ
六. 三一分後 玉葱入れ
七. 三四分後 終了
 
おいおいおい、ここにはグリンピースが入ってないぞ。
 
 
 
12の6
   年 
 
【年】は、「禾」(いね)の形をした被りものと、「人」の組み合わせ。そして、稔りを願って田の舞をする人の形だとか。
それは一年に一度稔る、だから、「とし」となる。
 
そんな【年】は時間の単位であり、一年は365.2422日。こんな時が止まることなく流れていく。
 
宇宙誕生  137億年前   
地球誕生  46億年前   
生物誕生  40億年前   
恐竜  3億年前   
     
新人類誕生  20万年前   
邪馬台国  1800 年前   
江戸時代  400 年前   
     
昭和  85 年前   
東日本大震災  最近   
  
そして、新たな年へと。
 
「一年の計は元旦にあり」
これは中国の明代の馮應京(ひようおうきよう)が年中行事や儀式を解説した『月令広義(げつりようこうぎ)』という本の一節。
(1) 一日の計は晨(あした:朝)にあり
(2) 一年の計は春(正月)にあり
(3) 一生の計は勤にあり
(4) 一家の計は身にあり
 
「一年の計は元旦にあり」は、(2)から言われている。
また(3)の「勤」は仕事、(4)の「身」は生き様だとか。これらが「四計」だと説明されている。
 
ならば、新たな年を迎えるにあたって、一年の計画をしっかり立てたいものだ。
そして初夢は……、「一富士 二鷹 三茄子」 
その続きの六等賞まで、OK!
 
「四扇(よんせん)  五煙草(ごたばこ)  六座頭(ろくざとう)」まである。
 
六つもあれば、どれかの夢を見るだろう。
これで……新しい【年】は、きっと良い年になるぞ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
       
       
 
(壱拾参)
第13章  新 龍 雪 鰒 執 鼓 
 
 
13の1
   新 
 
【新】、それは「辛]と「木」と「斤」の組み合わせ。
「辛」は大きな針の意味。
 
この針を投げて、位牌を作る木を選ぶ。その当たった「木」を切り出すことが、「あたらしい」と言うことだそうだ。
かつ、そこから作った位牌を拝むことが「親」となる。
 
【新】、本来の読みは(あたらしい)ではなく、生まれ出ることの形容詞(あらたしい)だとか。
 
そして、新年へとあらたしく年が明けた。
日本では年賀状。だが西洋では、クリスマス前から新年を祝う合体型のカードが送られる。
そこに書かれてある定型文句、
それは『Merry Christmas and a Happy New Year to you.』だ。
 
しかし、不思議なことに、「Happy New Year to you.」の前に、『a』が付いている。
これはきっと、「この世界でたった一つの、あなただけへの、私からのHappy New Year」という意味だろう。
 
ならば、「Merry Christmas」も『a』を付けたくなる。しかし、付いていない。
それは神絡みで、万人のための「Merry Christmas」だからなのか?
 
しかし、調べてみれば、今から一六〇年前の一八四三年に、英国のヘンリー・コールが友人の画家ホースレーに作らせたこの世で最初のクリスマスカード。
絵柄は、中央で食卓を囲んだ楽しそうな家族。その左右には、なぜか貧しそうな人たちが……。
 
 
そして、文句は『 A Merry Christmas and a Happy New Year to you.  』
なんと「Merry Christmas」の前に、『a』 が付いてるではないか。
 
要は、左右の貧しそうな人たちはあくまでも傍観者であり、クリスマスも新年も、特定の「あなただけへの」限定版だったのだ。
時は経ち、昨年末は単に「Merry Christmas」だった。
 
しかし、【新】、
『あらたしい』年を迎え心を込めて、 
この世でたった一つの、あなただけへの……
 
a Happy New Year to you!
 
 
 
13の2
   龍 
 
【龍】は、【竜】の字の方が古く、中国神話の動物の姿を表す。
それをより複雑かつ厳かにしたのが【龍】だとか。
 
二〇一二年の干支は【龍】。
そんな【龍】を三つ集めた一文字漢字。
 
     
  龍龍   
 
【龍】の歩く様で、(トウ)と読む。
そして、その上に「雲」を被せてしまえば、
 
     
  雲龍雲   
  龍龍   
 
これで一文字であり、八四画の漢字。総画数が一番多い。
読みは(たいと)もしくは(おとど)。
人名だそうだ。
 
一九六〇年代に、一人の男が証券会社に現れた。そして、名刺を差し出した。そこには……
 
     
  雲龍雲   
  龍龍   
 
この「たいと」の名前があった。古今東西、この一件だけが確認されている。
その後、このオッチャン、どうもホントに、「雲」の下に隠れてしまったらしい。
 
さてさて、そんなお騒がせな【龍】、いつも手にしている玉が……如意宝珠(によいほうじゆ)だ。
意のままに願いを叶えてくれる龍玉、いわゆるドラゴンボール。
欲しいものだが、龍は決して手放さない。
 
なぜなら、龍は転生する前、人間だった。その一杯の煩悩がそこに封じ込められてある。
そんなドラゴンボール、人間に渡したら、再び煩悩が飛び出してきて、何をしでかすかわからない。
危なかっしくって……。 
 
角は鹿、頭はラクダ
眼は鬼、身体は蛇
 
腹は蜃(はまぐり)で
背中は鯉、爪は鷹
 
掌は虎、耳は牛
長髯で、背に八一枚の鱗
 
そして、喉下には一尺四方の一枚の逆鱗(げきりん)が
 
秋になると淵の底に潜み、春には天に昇る
また啼き声で嵐を呼び、竜巻となり天空に昇り
自由自在に飛翔する
 
そんな爬虫類?
いや、【龍】が申しておりますが、
夢は自分で叶えろ! と。
おいおい、つれないぞ!
 
やっぱり欲しいなあ、如意宝珠の……【龍】玉が。
 
 
 
13の3
   雪 
 
【雪】、この字は、秒速一メートルで、空から舞い落ちてくる「ゆき」の様を表しているとか。
そんな【雪】、球でもなく四角形でもない。あくまでも六角形の結晶なのだ。
 
それは水分子が平面方向に凝集していく過程で、酸素の周りの三つの水素が等価に水素結合。つまり、それぞれが一二〇度の角度で手を結んでいくからだ。
 
こんな解釈に、「うーん、なるほど!」となるかどうかは……別として、
【雪】は六花(りっか)、天花(てんか)、風花(かざはな)とも呼ばれる。そして、叙情的な世界へと誘(いざな)ってくれるのだ。
 
さらに、そこに「女」が付けば、『雪女』となる。もうこれは神秘の極みだ。
 
小泉八雲の小説 『雪女』
木こりの茂作(もさく)と若い巳之吉(みのきち)、ある夜、雪女が訪ねてきた。 
だが、茂作は殺され、巳之吉だけが生かされる。
その理由はまことに明白。巳之吉がイケメンだったから。
 
雪女が消えてから時は流れ、巳之吉はお雪という女と恋に落ちる。そして十人の子供もできて、幸せな日々。
だが不思議なことだ。お雪は歳をとらない。
 
巳之吉は言う。
「お雪は、あの時に会った女、そう、『雪女』のようだ」と。
掟(おきて)があった。『雪女』と呼んではならないのだ。
これで、お雪は消え去ってしまった。
 
そして、巳之吉に残されたのは、十人のガキンチョが……うじゃうじゃと。
この物語の感想を、もし関西風に述べさせてもらえば、
「あっちゃー! えらいこっちゃ!」
 
【雪】、それはなにもロマンチックな世界だけではなかったのだ。こんなにも人間くさい世界もあったのだ。
 
 
 
13の4
   鰒 
 
【鰒】、これでは読めない。「河豚」と書けば、(フグ)と読める。
なぜ河豚なのか?
 
これは豚のような姿ではなく、危険を察知すると豚のように鳴くからだとか。
豚がどう鳴くなんて、そんなん知るか! と、叫びたくなるが……。
 
さてさて、冬の旬は【鰒】。
「フグは食いたし命は惜しし」
その肝臓は命懸け。それでも食べて、あの世行き。
 
それでは安全なところで、暖まる「てっちり」。そして、美味な「てっさ」。
【鰒】の俗名は、当たったら死ぬから「鉄砲」。鉄砲がちりちりと縮こまる鍋が……「てっちり」。
 
アホにすなと叫びたいが、鉄砲の刺身が格調高く「てっさ」と言う。
薄造りで、皿の絵柄が透けて見え、
それらを箸で、四、五枚ごごごいっとすくい上げ、
 
ぐるぐると箸に巻き付けて……、
もみじポン酢にドボンと漬け、前歯でしごきとり……、
ガボッと一口で。
 
これぞ究極の食道楽だ!
 
そんなグルメ番組を観ながら、「鉄砲の刺身」、一生に一度で良いから、そんな食べ方してみた~い。
と、羨(うらや)みながら、柿の種を口一杯に頬張って、【鰒】のヒレ酒ならぬ、梅干し入り焼酎お湯割りを……ぐびぐびと。
 
いやはや、ヤケクソで飲み過ぎたら、こちらの方が【鰒】より危険かも。
 
 
 
13の5
   執 
 
【執】、左部の「幸」の古い形は、両手にはめる手かせ。
右部の「丸」の古い形は、両手を差し出している形だとか。
これで罪人をとらえる意味らしい。
 
そして、「執着」、「固執」、「執念」などの熟語を作る。
いずれも手かせをはめられた罪人のように、囚(とら)われの身となる。
 
この意味合いを、英語ではフェティシスト「fetishist」と言う。いわゆる『フェチ』だ。
世間では足フェチに胸フェチ、そして太っちょフェチ……いろいろなフェチがあるようだ。
 
で、あなたは何フェチ?
我が悪友、高見沢一郎の場合は、不埒(ふらち)にも……
『え』付きフェチ 
 
この場を借りて、高見沢の言葉で紹介させてもらえば、
(一) えくぼ
    ぺこっと凹んだえくぼ、めっちゃ可愛いんだよ
 
(二) えりあし
    乱れた後れ毛が……、そんな襟足、ぞくぞくっと
 
(三) えら
    ちょっと張り気味の角張り、
    なにかそこに引っ掛かってみたいなあ
 
さらに、高見沢曰く。極上大吟醸の「え」付き、
それは……京言葉の語尾の『え』。
 
あかん え
きばるん え
どないしゃーはたん え  などなど
 
悪友の高見沢一郎は、この『え』に……【執】。
しっかり手かせ足かせをはめられてしまっているようだ。
 
 
 
13の6
   鼓 
 
【鼓】、左部はまさに「つづみ」の形。右部は「打つ」の意味。
鼓を打って元気づけることを「鼓舞」。
世の中が治まり、充分食べられる。腹を打って満足に暮らすことを「鼓腹」(こふく)という。
 
こんな生活臭のある【鼓】。これが天に昇ると、ロマンチックにも……
『鼓星』(つづみぼし)となる。 
 
木枯らし途絶えて 冴ゆる空より
地上に降りしく 奇(く)すしき光よ
もの皆憩(いこ)える しじまの中に
きらめき揺れつつ 星座はめぐる
 
冬の星座、それはなんと言ってもオリオン座。
このオリオン座の和名こそが……『鼓星』なのだ。
 
オリオン座は海の神ポセイドンの子であり、美男子の巨人。しかし、乱暴者の漁師だった。
すばるの姉妹を追い回したり、動物を虐めたり。そして、冬の間、高い所に上がって威張ってる。
 
これを見かねた大地母神ガイア、さそり(さそり座)を使って、毒針で刺し殺してしまう。
これ以降、オリオン座はさそり座が怖い。
だからなのだ。夏の星座さそり座が東の空に上がる頃になると、オリオン座はそそくさと西の空へと逃げて行ってしまう。
 
そんなオリオン座、真っ赤に輝くベテルギウス「源氏星」、青く輝くリゲル「平家星」など、澄み切った冬の夜空に豪華に輝く。
それは【鼓】を打ち鳴らしたように、いよーてんてけてんと煌めく。
 
きっとそう感じたのだろう。
この日本の、いや、まほろばの古人(いにしえびと)たちは……
 
『鼓星』(つづみぼし)と呼んだのだ。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 19世紀の龍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 百怪図鑑より
 
 
 
 
 
 絵 : 伊勢英子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
       
       
       
       
 
  (壱拾四)
第14章  節 百 愛 文 華 沌 
 
 
14の1
   節 
 
【節】とは、竹の「ふし」のあるところのことらしい。
古くは、竹の【節】に印が刻まれたものを「符節(ふせつ)」と言い、これを使者の印としたようだ。
 
したがって、そこから派生した言葉はすべては使者絡み。「礼節」に「節制」、それに「節約」だとか。
ああ、なんとなくわかるような気もする。
 
だが、【節】、やっぱり馴染みは春夏秋冬の『季節』だろう。
四季には、節分を起点にする「二十四節気」(にじゆうしせつき)がある。
 
春: 立春・雨水(うすい)・啓蟄(けいちつ)・春分・晴明(せいめい)・穀雨(こくう)
 
夏: 立夏・小満(しようまん)・芒種(ぼうしゆ)・夏至・小暑(しようしよ)・大暑(たいしよ)
 
秋: 立秋・処暑(しよしよ)・白露(はくろ)・秋分・寒露(かんろ)・霜降(そうこう)
 
冬: 立冬・小雪(しようせつ)・大雪(たいせつ)・冬至・小寒(しようかん)・大寒(だいかん)
 
さらにだ、これらそれぞれを初候/次候/末候の三分割に。こうして一年を七十二分割に。
これがいわゆると「七十二候」(しちじゆうにこう)と呼ばれるもの。まことに情緒を感じさせてくれる。
 
例えば「立春」、その時季を五日ずつの三分割に。
初候は……「東風解凍」(とうふうこおりをとく)
次候は……「黄鶯?睆」(おうこうけんかんす)
末候は……「魚上氷」(うおこおりにのぼる)
 
こんな「二十四節気」と「七十二候」、日本気象協会は昨今の実態に合ってないとし、「新しい季節のことば」のために委員会を発足させた。そして、現代『二十四節気』を発表するとか。
 
まさか「花粉」に「節電」、さらに「黄砂」に「落魚」なんて……ヤメテケレな。
さてさて、どんな二十四の【節】になるだろうかな?
 
 
 
14の2
   百 
 
【百】、下部の「白」は、白骨化した髑髏(しやれこうべ)の形だとか。
その上に「一」が乗っている。それがなぜ「100」になるのかわからない。
だが(ひゃく)という読み、それは「白」(はく)からきてるそうな。
 
そんな【百】、「年」が付いて『百年』。
「百年の恋も一時に冷める」
「悪妻は百年の不作」
 
あまり良い意味では使われていない。だが、江戸時代末期の幕臣、勝海舟は好んだようだ。
「大人物は百年に一度しかあらわれない」と言い放った。
確かにそうだが、これって、自己評価……ってこと?
 
また一八六〇年、咸臨丸(かいりんまる)の艦長として遣米使節団に同行し、ホワイトハウスへ。そして、大統領に通商条約批准書が渡った時、達観した言葉を吐く。
「百年の後に知己を待つのだ」と。
この意味は、百年後に答が出るのだということ。
 
ならば百年後の一九六〇年、その結果はどうなったか?
TVのカラー放送が始まり、森山加世子は「ティンタレラ・ディ・ルナ♪」と……、まことにアメリカ風平和一色となった。
 
ことほど左様に、かっての日本人は『百年』がお好きだったようだ。
一九〇一年の正月。百年後の予言が報知新聞に載った
 
西暦二〇〇〇年には……
無線電信及電話
遠距離の写真
暑寒知らず
 
鉄道の速力
自動車の世  等々
いろいろ予言されたが、ほとんどアッタリー!
 
だが、中に外れたものも。
「蚊および蚤の滅亡」
蚊なんて、今もおりますがな、うじゃうじゃと。
 
「人と獣との會話自在」
ワンちゃんが寒い寒いとワンワン吠えてるのに、腹巻きさせて、小雪舞う中、引きずるようにお散歩に。 
会話なんてできてないよな……ウ~、ワン。
 
いやはや、【百】という漢字、とにかく話題に事欠かない漢字なのだ。
 
 
 
14の3
   愛 
 
【愛】、立ち去ろうとする人が、後方に心がひかれる人の形だとか。
うーん、それでなのか、字体がなんとなく複雑。
 
そして、今の時代、恋愛/愛人/家族愛、それに自己愛…とかとか、漢字【愛】の百花繚乱だ。
あっちでもこっちでも……【愛】、【愛】、【愛】
 
そんな【愛】という漢字、いつ頃からあったのだろうか?
それはなんと、二、五〇〇〇年前の紀元前五〇〇年の孔子の言葉にある。
 
子貢(しこう)、告朔(こくさく)の饋羊(きよう)を去らんと欲す。
子曰わく、賜(し)や、女(なんじ)は其の羊を【愛(おし)】む、
我は其の礼を【愛(おし)】む。
これを簡潔に訳せば、「お前は羊を惜しむだろうが、私は伝統を愛し、重んじる」だとか。
 
そんな【愛】を、兜(かぶと)に掲げたのが直江兼続(なおえかねつぐ)。そして、「逢恋(ほうれん)」という漢詩を詠んだ。
 
風花雪月 情けに関せず
邂逅(かいこう)し 相逢うて此の生を慰む
私語して 今宵別れて事無し
共に河誓(かせん) 又山盟を修す
 
これを意訳すれば、
我々の愛に、風花雪月は関係ない。
思いがけず出逢ってしまった私たち、この愛ある生を愛しみたい。
 
心からの話しをし、今宵は別れるが、大丈夫だよ。
二人だけの秘密だよ、そしてそれを山河にも誓おう。
 
【愛】は深いようだが、えっ!
これって……『不倫愛』?
 
どうもそのようなことらしい。
NHKの大河ドラマ「天地人」、その直江兼続役は確か妻夫木君だったんだよね。
その兜の【愛】が、実は『不倫愛』だったとは……。
 
しかし、なるほど【愛】という漢字、「礼を愛しむ」の【愛】だったり、「相逢うて此の生を慰む」の【愛】だったりして、とにかく……、いつも波瀾万丈なのだ。
 
 
 
14の4
   文 
 
【文】という字、少し恐ろしい。
昔、死者の復活を願い、魔除けに胸に文身(入れ墨)を入れた。それが正面を向かって立つ姿だとか。
 
そんな【文】、熟語はなんと言っても『恋文』だろう。
古い日本語では『懸想文』(けそうぶみ)と言う。なにか思わず「懸賞文」と読んでしまいそうだが……。
 
京都に須賀(すが)神社と言う小さな神社がある。節分になると、覆面をした二人の男が現れ、懸想文を売るそうな。
妖しげなオッサンが恋文を道端で売るのだから、これはまことに奇妙奇天烈。
買えば、良縁に恵まれるとか、商売繁盛に利くとか。なぜ商売繁盛なのか、これはもう変ちくりんの極みかも。
 
さてさて、時は平安時代。小野小町は女流歌人だった。
一説によれば、秋田県湯沢市小野生まれ。六花の秋田美人だ。
 
そして、現代でもよくある話しだが、昔々、一人の郡司がその地に単身赴任をしていた。
雪深く心寂しかったのか、村の娘と恋に落ちた。そして、小町が生まれた。
 
やがて郡司の任期は明け、男は都へと戻って行った。それを母は悲しみ、男を追って、雪山越えで遭難。
その後、小町は残されたお守りを頼りに、都へとのぼる。そして更衣(こうい)として仕え……歌人デビュー。
 
そこで、やっぱり気になるのが、歌人・小野小町の力量のほど。
紀貫之は「古今和歌集仮名序」で、次のように小野小町を評している。
 
(原文)
小野小町は いにしへの衣通姫(そとおりひめ)の流なり
あはれなるやうにて 強からず
いはば よき女の 悩めるところあるに似たり
強からぬは 女の歌なればなるべし
 
(訳)
小野小町は古の衣通姫の流れ
しみじみとした趣があるようで、強くない
いわば、いい女の悩めるところに似ている
強くないのは、女の歌だからだ
 
「ほっほー、そうなんだ」と思いつつ、
『花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に』の他に、三つほど歌を並べてみよう。 
 
『思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば さめざらましを』
夢に想う人が現れた。そんな夢なら目覚めたくなかった。 
 
『いとせめて 恋しき時は むばたまの 夜の衣を かへしてぞ着る』
恋しい時は、夢の中で逢えるように、夜の衣を裏返しに着て寝るのよ。
当時、夜の衣を裏返すと、愛しき人が夢に現れると言われてたようだ。決して寝間着が臭くなったからではない。
 
『今はとて わが身時雨に ふりぬれば 言の葉さへに うつろひにけり』
今はもう時雨のように涙に濡れ、私は古びた。そのせいか、あの人の約束の言葉も変わってしまった。
 
うーん、なるほどね。まさに紀貫之が言う「あはれなるやうにて 強からず」だ。
 
だが、そんな小野小町は、生涯一千通の熱い『恋文』をもらったとか。
そして、すべて燃やしてしまった。
 
炎に変えてしまったその現場、それは京都山科区の随心院(ずいしんいん)。そこに今も文塚がある。
 
紀貫之が評した通り、「よき女の悩めるところある」女への、よき男たちが悩めるところの『恋文』が、そこで灰となった。
 
【文】という漢字、そこにはいつも男と女の情念が燃え盛っているのだ。
 
 
 
14の5
   華 
 
【華】、花びらが美しく咲き乱れている形だとか。
その【華】を、腰をかがめて抜き取る形が「拝」となり、その姿が拝む姿勢でもあり、「拝礼」となったそうな。
うーん、なるほどと感心するが、その時々の時代に【華】はあった。
 
万葉時代は額田王(ぬかたのおおきみ)は、
『茜さす 紫野ゆき 標野(しめの)ゆき 野守は見ずや 君が袖ふる』と歌った。
 
そして絶世の白拍子・静御前(しずかごぜん)は源頼朝と妻の政子の前で、吉野で別れ、そして逃げた義経を想い、
『静や静 しずのおだ巻き くり返し 昔を今に なすよしもがな』と、身ごもりながらも気丈に歌い舞い踊った。
 
さらに、信長の妹のお市の方、
『さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜の 別れを誘ふ ほととぎすかな』と詠み、茶々、初、江の娘たち・浅井三姉妹を城から放った。そして、柴田勝家と共に自害。
 
光秀の娘の細川ガラシャは、
『散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ』と詠い、キリシタンは自害ができず、家老に槍で胸を突かせて命を絶った。
 
時代時代を色取った【華】たち、いずれもまことに儚いものだった。
そして、ここでは引き続き小野小町。
 
彼女の化粧井戸や文塚のある随心院。少し遅いが、三月中旬に二百三十本の低木の梅が狭い地にぎゅっと圧縮されて満開となる。
 
その色合いは『朱華』
これは(はねず)と読み、淡紅の万葉色。
この色の着物を灰で洗うと、色が抜けてしまう。移ろいやすい色だと言われている。
 
【華】、時代時代に【華】は咲くが、まさに有為転変の無常に思い至らせてくれる漢字なのだ。
 
 
 
14の6
   沌 
 
【沌】、右の「屯」は織物の縁の糸を結びとめた房飾りの形で、たむろする意だとか。
それに「さんずい」が付き、水が流れず塞がっている状態を言う。
 
そして、熟語『混沌』を作り、それは天と地がまだ分かれていないあり様。物事がもやもやしてはっきりしないこと。
 
英語では、この事態を「カオス」(chaos)と言う。
手短に言えば、タバコの煙り。ふうと煙を噴き上げた。しかし、誰もそのもやもやとして紫煙の形を正確に予測できない。
これがいわゆる……カオス状態だ。
 
だが、こんなカオス、つまり『混沌』状態にあっても、原因があっての結果だ。それを科学的に体系付けたものがカオス理論。その中の一つが「バタフライ効果」というものだ。
ちょっとした原因が大きな結果を生むという理屈。
 
「北京で蝶が羽ばたくと、ニューヨークで嵐が起こる」
 
マサチューセッツ工科大学の学者が講演でこう主張した。
しかし、「なんでやねん?」と問い合わせても答は返ってこない。
なぜなら、未だ「北京で蝶が羽ばたく」と、どうして「ニューヨークで嵐が起こる」かの、それらが結びついていないから。
 
だが、この理屈、いい加減だとポイと捨てられない。日本にはあったのだ、この「バタフライ効果」なるものが。
 
『風が吹けば、桶屋が儲かる』
 
風が吹くと、砂が舞い上がって、目に入る。そして、盲さんが増える。
昔、盲さんは生業(なりわい)で三味線を弾いた。それで三味線の腹になる猫の皮がもっと必要。そのため猫がどんどん捕えられた。
 
これで猫が減って、鼠がわんさかと増殖する。あっと言う間に、鼠は桶を囓り、各家にある桶がボロボロに。
桶を作ってちょうだいと、カミさんが桶屋に走る。
桶屋のダンナ、「ヨッシャー、マカセナサーイ」と……大儲かりとなる。
 
だから、『風が吹けば、桶屋が儲かる』
これぞ……『混沌』のバタフライ効果。
 
まことに【沌】が……桶(OK)となる。
 
だが、熟慮してみれば、例えが古い。
ならばということで、我が悪友の高見沢一郎が、止せば良いのに、新・ニッポン版「バタフライ効果」を発案した。
 
『シャンプーで顔を洗えば、大金持ちになる』
これ、どうじゃろかと。
シャンプーで顔を洗う。目に入って、イッテー!
立ち上がるが、よろめきドタンとこける。青あざが出来て、医者に行く。
 
ベッピン女医さんが現れ、どうしましたと青アザをナゼナゼしてくれる。
心ウキウキで、舞い上がる。
このウキウキ気分のお裾分け分けにと、これを題材にちょっと小説を書いてみる、これは面白いと、雑誌掲載の申し出が。
 
ならば他の小説もと世に出て、盛り上がる。 
そして出版。売れて売れて仕方がない。おまけに賞まで頂いて、「もらっといてやる」と。
その上に、サイン会までやっちまって……もうウハウハ。
 
印税がわんさかと。確定申告どうしようかと悩むほど。
気が付けば、大金持ちに……なっちょりました。
 
とにかく【沌】という漢字、思考も『混沌』とさせてしまうのだ。
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 小野小町
 
 
  随心院
 現代カタログ
 
 
 
 
 
 
 随心院
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
随心院 
 梅園
 
 
 
 朱華(はねず)色
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 蝶が羽ばたく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 葛飾北斎
 桶の中に富士
 
 
 
喜多川歌麿 
 江戸の風呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
       
       
       
       
 
(壱拾五)
第15章  嘘 飛 仙 士 様 葱 
 
 
15の1
   嘘 
 
【嘘】は、「口」偏に「虚」。
この右部の「虚」、元の意味は、丘の上に築かれた都。それが荒れ果てた状態のことだとか。
 
だから現存しないものが「虚」となり、「むなしい」となる。
そして、そこから「虚心」や「虚言」の熟語になり、「口」に「虚」が付いて……【嘘】(うそ)。
 
この【嘘】、平安時代は「偽り」であり、それから「空言」となった。そして平安末期から、【嘘】という字が使われ始めたようだ。
それから年月を経て、明智光秀は「仏の【嘘】は方便と云ひ、武士の【嘘】をば武略と云ふ」と、まるで何もかも超越したようなことを語った。
 
だが、結局は光秀、本能寺の変で謀反(むほん)を起こし、京都山科の小栗栖(おぐるす)の竹藪で殺された。
どうもこれからすると、あまり「武略」、つまり【嘘】がうまくなかったようだ。
 
さてさて、そんな【嘘】、多くの【嘘】が「嘘八百」。しかしこれには裏返しの言い方がある。
それは『千三つ』(せんみつ)。本当のことは、千に三つしかないことだ。
ということは、【嘘】が九百九十七個。まさに【嘘】一色に限りなく近い。
 
大坂の町人の井原西鶴は、浮世草子(うきよぞうし)で、
「千いふ事 三つも まことはなしとて 千三つといふ男あり」と書いた。
嘘八百以上の大嘘つき野郎だ。そして、ここから悪徳不動産屋のことを「千三つ屋」と呼ぶようになった。
 
しかし、この千に三つと言う数字、まことに科学的な数字なのだ。
統計学の基本に正規分布というのがある。
これは、世の中のすべての物事はバラツクものとし、おおまかに、我々が日常的に異常と感じるレベルが、もし全体を千とすれば……三つ。 
その異常の領域のことを、3σ(シグマ)と呼んでいる。
 
井原西鶴が書いた「千いふ事 三つも まことはなしとて 千三つといふ男」、統計学的に見て、まことに異常な男なのだ。
ということで、嘘も方便、嘘は泥棒の始まり、嘘をつかねば仏になれぬ、そして、『せんみつ』と。
 
とにかく【嘘】には、いろいろな見方がある。
 
 
 
15の2
   飛 
 
【飛】、鳥が羽を広げて「とぶ」形だとか。
こんな【飛】、飛ぶのはなにも鳥だけではない。熟語となり、なんでも飛ばしてしまうのだ。
 
耳を飛ばして、「飛耳長目」(ひじちょうもく)。
「飛耳」は遠くのことが聞ける耳。「長目」は遠くまで見通す目。だから、意味は見聞に精通していること。
 
また、蚊を飛ばして、「飛蚊」症(ひぶんしょう)。これはちょっとやっかいだ。
 
時は今から一千百年前、菅原道真は太宰府に流された。そして、詠んだ。
『東風(こち)吹かば にほひおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ』
 
この梅、実は京の自宅にあった梅。それが道真の後を追って、太宰府まで飛んで行ったとか。
したがって、それ以来、『飛梅』(とびうめ)と呼ばれている。
なにか「とびうお」と勘違いしそうだが、とにかく『飛梅』、三月ともなれば太宰府で見頃となるそうな。
 
【飛】んで見に行きたいものだ。
 
 
 
15の3
   仙 
 
【仙】、「人」偏と「山」とが組み合わさっている。
そして、その意味は山中で霞(かすみ)だけを食べて、不老不死の術を修行する人のこと。いわゆる仙人だ。
 
そんな【仙】、「水」が付いて『水仙』となる。それは雪の中で芳香を放ち、凜と咲く。だから、雪中花(せつちゆうか)とも呼ばれている。
松尾芭蕉は、その花を、『その匂ひ 桃より白し 水仙花』と軽く詠った。さすがだ……ね。
 
また、与謝野鉄幹から水仙の君と呼ばれていた与謝野晶子、多分好きだったのだろう、多く詠った。
『白鳥が 生みたるものの ここちして 朝夕めづる 水仙の花』
 
『水仙は 白妙ごろも よそほえど 恋人待たず 香のみを焚く』 などなど。
 
うーん、なるほど、情感あるものだ。
 
こんな『水仙』、学名は「Narcissus」(ナルシサス)。
ギリシア神話で、美少年のナルシサスは水面に映った自分に恋をした。だが、恋は実らず……、アッタリ前田のクラッカーと叫びたくなるが、やっぱりやつれて死んでしまう。
そして、少年は水辺に咲く花に変わった。それが『水仙』だ。
 
 
ここから、かっての上司の……罪深い有りさま、そう、『ナルシスト』という言葉が生まれたようだ。
そして中国語では、『ナルシスト』のことを『自恋』と言い、
この神話は「自恋的水仙花物語」と紹介されている。
 
また英語では、『水仙』は「daffodil」。かって、「七つの水仙: Seven Daffodils」と言う歌があった。
悪友の高見沢一郎の訳でご辛抱願うなら……。
 
僕には 大きな家も 土地もない
手には しわくちゃの紙幣 一枚さえもない
けれど 千の丘に明ける朝を
君に 見せてあげたい
そして 君へのキスと
七つの『水仙』を あげよう
 
歌はこのような詩であるが、うーん、なんとなく恋に恋する「自恋的水仙花」、ナルシストのような雰囲気がする。
 
いずれにしても、【仙】という漢字、元々は「霞」を食って生きてるオッサンのこと。だからなのか、【仙】に纏わる話題、なんとなく加齢臭……。
 
いや「霞」ぽくって、腹応えしない話しなのかも知れないなあ。
 
 
 
15の4
   士 
 
【士】、これを「土」と読んだ輩……、ブー!
上の「一」が長く、下の「一」が短い。「土」(つち)が逆さまにひっくり返った漢字なのだ。
 
読みは音で(シ)、訓では(さむらい)。そんな【士】、いろいろな字源説がある。
「土」(つち)を饅頭型に置いた形であり、かってはそれに酒を振りかけて、土の神に祈ったとか。
また他に、まさかりの刃の形だとか。
 
そして、最も過激な解釈が……それは男性性器。
早い話しが……チンポコがいきり立っている形だとか。 
うーん、なにか負けそう……だね。
 
てな気分になるが、ここはやっぱり【士】(さむらい)。意味は、学問/道徳などを身にそなえた尊敬できる人物のこと。
【士】は己を知る者の為に死す
とにかく、チンポコどころではない。あくまでも崇高なのだ。
 
だが、叫びたい。
同じ【士】でも、「西向くさむらい」もいるぞ! と。
 
こやつは他愛もない【士】で、に(二月)・し(四月)・む(六月)・く(九月)・さむらい(十一月)、三十一日に満たない月の最後に、こそっと隠れてはります。
理由は、【士】という字が単に「十」と「一」と分解され、十一月とされてしまっただけの惨めな話しなのだ。
 
調べてみれば、こんな漢字分解、他にもあった。
ここはハズミとイキオイで、参考に紹介しておこう。
 
「喜」は「     
  七七 」であり、下の部分で「七十七」
 
「半」は「八十一」
「米」は「八十八」
「卆」は「九十」
 
「白」は「百」から「一」足りずで、「九十九」
「茶」は草冠が「十」と「十」、それに下部が「八十八」、全部足し合わせて「百八」
 
「皇」は「白」が「九十九」、それに「一」と「十」と「一」、
全部足し合わせて「百十一」
「王」は「千」に「一」で、「千一」
 
えーい、ヤケクソでもう一つ。
「四苦八苦」
これは漢字分解でなく、計算で……煩悩の「百八」
 
4*9= 36 と 8*9= 72
合わせて、「百八」だって。
 
アホにすな!
と叫びたいが、ここは、とにかく調子に乗って、こんな付け焼き刃的なことを披露して、喜んでるようでは……、
 
決してチンポコいきり立つ……【士】にはなれないのだ。
 
 
 
15の5
   様 
 
【様】、右は「羊」と「永」の合体。そして、それは水の流れ、その水脈が長く連なるさまのことだとか。
ならば、なぜ「さんずい」でなく「木」偏なのか?
 
【様】はブナ科の落葉樹「栩(くぬぎ)」の意味があったからとか……。だが、正直よくわからない。
そんな【様】、意味は「有り様」。要は「寝様」に「死に様」など、いろいろな【様】がある。
 
そんな中で最も気に掛かるのが「生き様」。それは人間の「生き様」だけではない。犬や猫の動物にも「生き様」はある。また、草花や樹木にも「生き様」はある。
 
そして身の回りをよく観察すれば、大変お世話になってるパソコンたちにも「生き様」はあるのだ。
だが、残念なことだ。その生き様は悲劇的で、嘆きの独白が聞こえてくる。
 
『パソコンたちの、バカにすなと叫びたい生き様』
 
(一) マウス
いっつもガリガリと動かされ、好き勝手にクリックされて暮らしてます。
とにかく御主人さまの意のままに、一所懸命働いているのですが、時々、御主人さまのミスでポロッと床に落とされたり……でして。
 
この間なんて、餃子、キムチ、納豆食べた手で、ぬるっと握られました。
臭い、油っこい、ネバネバ。
もうカンニンして下さいよ。
 
(二) マウスパット
いっつもマウスのヤツにゴシゴシこすられて、辛い日々です。
陰ながら御主人さまを支えているのですが、気付いてくれません。
破れたらポイッ! ゴミ箱へ直行ですよ。
 
その上に、この間なんて、御主人さまのニャンコが私の上にドカッと座りよりまして……。
地球滅亡の日をただひたすらに待つ、そんな呪いの毎日です。
 
(三) キーボード
いっつもバンバン叩かれて、もう手垢(てあか)で汚いってありゃしません。
だけど、マウスパットよりちょっと益しかなと思ってたら、この間、御主人さまの赤ん坊が、しっかりよだれ垂らしよりまして……。
もうやってられません。
 
新品の頃のプライドも消え失せて、もう勝手にしろと居直る日々です。
 
(四) ディスプレー
いっつも御主人さまに、ヒステリックに睨まれて、ハラハラの毎日です。
この間も、私には全然責任ないのですが、いきなり凍結したんですよね。
御主人さまから、「お前アホか!」と罵声と唾が飛んできました。
 
仕事中はなんとか薄暗く輝いてはいるのですが、OFF時はスッピン。もう、ほこりだらけで、見られたものじゃないですよ。
「ちょっとくらい磨いて下さいよ」と、御主人様にお願いしても、この間なんか、鼻かんだ後のティッシュで、ゴリッとこすられましてね……。
 
かっての光り輝いていた栄光の日々を懐かしむ毎日です。
 
(五) USBメモリ
いっつも御主人さまに、あれもこれもと詰め込まれて、後は忘れ去られてしまい、出番なし。
知識は一番持ってると自負してるのですが、この間なんか、ポトリとトイレに落とされたんですよ。
 
役に立っていた日々、一体あれは何だったんでしょうね。
我が生涯を悔やむ日々です。
 
いやはや「生き様」の【様】という漢字、ことほど左様に……【様様】なのだ。
 
 
 
15の6
   葱 
 
【葱】、漢字は難しいが、馴染みのある「ねぎ」。
下は「怱」で、(にわか/あわてる)と読む。
それに草冠が乗せて、なぜ「ねぎ」となるのかわからない。
 
臭いのきつい野菜は五葷(ごくん)と呼ばれている。それはにんにく、にら、らっきょう、あさつき、そして【葱】。
禅寺の山門の脇の石に刻まれてある。「葷酒(くんしゆ)山門に入(い)るを許さず」と。
 
そんな【葱】だが、東日本は白ネギ。西日本は青ネギとなる。
そして、分葱(わけぎ)。これはネギとエシャロットの雑種だとか。
これに酢と味噌が合わさって「ぬた」となる。
 
京都ではひな祭りの節句料理として、京野菜の九条葱とイカ、それを白味噌と和えて「てっぱい」となる。
 
かって香川県では、農繁期が終わり寒ブナを捕り、それを和えた。その寒ブナが「鉄砲」と呼ばれていたから、「てっぱい」だとか。
フナの代わりにイカを入れての「てっぱい」、【葱】の臭みとともに、春の来訪を祝う味だ。
 
いずれにしても、【葱】、歳を重ねるごとに、うどん、そば、ネギ焼き、それに「てっぱい」と食す量が多くなる。
 
このように、より馴染み深くなっていく漢字なのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 井原西鶴
 
 
 
 
 正規分布図
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 飛梅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 水面の自分に
 恋した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
西向くさむらい 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 栩(くぬぎ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
 


(壱拾六)
 第16章  緑 虞 滅 耕 鍋 週
 
16の1
   緑 
 
【緑】、「糸」偏の右部は「剥(は)がす」という意味がある。
ここからなのか、【緑】は皮を剥ぎ取った時の竹の色、そんな色をした「糸」のことだとか。
 
こんな【緑】(みどり)、どうも平安時代からが登場したようだ。
そして現代では「赤・青・緑」、光の三原色の一つだ。
 
だが、この【緑】……実にややこしい事態となっているのだ。
代表例が信号機。
そこには赤と青と黄がある。
 
だが英語では、この「青」はあくまでも「グリーン」なのだ。「ブルー」とは決して呼ばないし、「青」は現存しない。
英語で「ブルー」は、憂鬱という意味合いがある。
安全だから前へ進め! それが憂鬱な「青」では困る。
 
安心して進んでもOK、それはあくまでも「グリーン」、つまり【緑】なのだ。
国際規格でも交通信号は【緑】・黄・赤と決まっている。
それでも日本の信号では……「青」と呼ばれている。
 
ならば実際に、それは青色か?
これがまた複雑で、「青」でもないし、そして決して【緑】でもない。いわゆる「青緑色」という範疇(はんちゆう)。
 
なぜこうなってしまったのだろうか?
これがまた曖昧(あいまい)で、理由がはっきりしない。
 
また他に、日本では、ちょっと危なっかしい未熟者を「青二才」と呼ぶ。
これが英語では、「He is still green.」……つまり、ヤツは【緑】だと言う。
 
さらにだ。日本では……【緑】の黒髪……なんちゃって。
一体これは、どやねん!  と、思わず叫びたくなる。
 
ことほど左様に、【緑】という漢字……「糸」だけに縺(もつ)れてるようだ。
 
 
 
16の2
   虞 
 
【虞】、難しい漢字だ。
この字の中にある「呉」は、祝詞を入れた器を掲げ、舞い祈る形だとか。
 
ここから【虞】は、「虎」の皮を被って舞い、神を楽しませることらしい。
理解しきれないが、なんとなく、うーん、なるほどと納得してしまう。
 
そんな【虞】、音で(ぐ)、訓で(おそれ)と読む。この(おそれ)は、【虞】が軍事について神意をはかる意があるからだそうだ。いずれにしても格調高い。
 
それは今から二千二百年前のことだった。
項羽(こうう)は劉邦(りゆうほう)軍により垓下(がいか)で追い詰められた。
そして、四面楚歌。
その時に、項羽は愛する妻の虞(ぐ)に手紙を送った。
 
力 山を抜き 気 世を蓋(おお)う
時 利あらず 騅(すい) 逝(ゆ)かず
騅の逝かざる奈何(いかん)すべき
虞や虞や 若(なんじ)を奈何せん
 
これを意訳すれば、
私には気概は充分あるが、時勢はまことに不利。愛馬の騅(すい)も動こうとしない。どうしたら良いだろうか、騅を。
それに加えて、愛する虞(ぐ)、お前をどうしたら良いだろうか?
 
愛する妻に、俺は殺されそうだ。で、愛馬のほかに、アンタをどうしたら良いか? ……って、まあ、いい加減な話しだ。
そんなの夫として、自分でもっとしっかり考えれ! チューの。
 
だが、この妻の虞美人(ぐびじん)は偉かった。
漢兵 已(すでに) 地を略し
四方 楚歌の声
大王 意気尽く
賤妾(せんしよう) 何ぞ生(せい)に聊(やす)んぜん
 
要は、虞は「あなたの意気尽きたれば、私はどうして生きておられましょうか」と返歌する。
 
そしてその後、この虞美人は、夫の男としての野望のために自分が足手まといになってはいけないと思う。
その後、剣で自害してしまうのだ。
それからのことだった。この虞美人が流した血のあとに、美しい花が咲いた。
 
人々は、その花のことを、
虞美人草(ぐびじんそう)……そう、別名:ヒナゲシと呼ぶようになった。
 
そして、二千二百年の時を越え、一九七〇年代に、
アグネスチャンは……その虞美人の女の悔しさを滲ませながら、力一杯に歌った。
 
♪♪ オッカのうえ ヒッナシゲの  ハーナで ♪♪ と。
 
あの歌から、また歳月は流れた。そして、最近思う。
あれは虞美人の……ひょっとすれば、女の恨み節だったのではと。
 
 
 
16の3
   滅 
 
【滅】、この字の右部は呪文を唱え、火を鎮める意味だとか。それに「さんずい」が付いて、水で火を消してしまうこと。
これから「すべてがほろびる」となるらしい。
 
そして【滅】は、多くの四字熟語をつくる。
盛者必滅から始まり、滅私奉公などなど。
 
その中で最も耳にするのが……「支離滅裂」
この「支離滅裂」の語源、調べてみたら、これがまた支離滅裂で、結局は「ありません」と結論付けられていた。
 
それではその反義語は?
それは「理路整然」。少し違うような気もするが、この熟語を見て、「支離滅裂」からなにか抜け出せたようで……ホッ!
 
そんな【滅】、六千五百万年前に恐竜が【滅】びた。
原因は、小惑星が地球に衝突したから。
場所は、メキシコ・ユカタン半島のチチュルブ(Chicxulub)という所。二年前に、これは事実だったと確定した。
 
惑星の直径は十キロメートル。そして、衝突した時のスピードは秒速約二十二キロ。衝突時のエネルギーは広島型原爆の約三億倍。
そして、これにより引き起こされた地震はマグニチュード十一以上。津波の高さは約三百メートルだったとか。
黒煙が地球を覆い、三年後には世界が氷点下になった。これで恐竜が絶滅した。
 
このような出来事は一億年に一回起こるそうな。
あの時から六千五百万年経ってしまった。だが、まだ三千五百万年も残ってるぞ……とは言っても、明日小惑星が落ちてきても可笑しくない。
もし落ちれば、盛者必滅も滅私奉公もあったものではない。
 
要は、茶も滅ぶほどの全滅で、「滅茶苦茶」となる。
 
さらに【滅】、もう一つ述べれば、
こういうエッセイの展開を……支離【滅】裂というらしい。
 
 
 
16の4
   耕 
 
【耕】、左部は「鋤」(すき)の意味がある。そして右部の「井」で、田畑を四角に区切ることとか。
そんな【耕】、切り開き「たがやす」ことである。そして、その前向きな行動に、親の期待からだろう、男子名によく使われる。
 
そしてその一つが……島耕作。
調べてみれば、
山口県岩国市出身、九月九日生まれ。団塊世代であり、一九七〇年に初芝電器産業に入社する。
 
その後、羨ましいほどの女性関係もいろいろあったようだが、大きなスキャンダルにもならず、波瀾万丈ではあるが出世街道をばく進する。
 
そして遂に、二〇〇八年に、初芝電産と五洋電機を経営統合させ、そのグループ統合会社「TECOT」の初代社長に就任したそうな。
最近の二〇一一年には、原発事業から撤退を表明したとか。
とにかく団塊世代の島耕作、今ももって【耕】が続いているようだ。
 
いつになったら……、晴【耕】雨読の生活に入っていくのだろうなあ?
こんなことをふと思ったりもする。
 
 
 
16の5
   鍋 
 
【鍋】、この字の右部は元々死者の残骨を器に入れて祈ることとか。そして、丸底の金属製の器を【鍋】というらしい。
 
そんな【鍋】、冬はなんと言っても【鍋】料理だ。
寄せ鍋、ちり鍋、もつ鍋、牡丹鍋、それに最近はカレー鍋まである。
 
ざっくざっくと切った白菜などと魚に鳥、そして肉など……、鍋奉行の指示にしたがいグツグツと炊けば美味しい鍋となる。
カロリーも低く、かつ栄養のバランスも取れている。その上にホッカホカと暖まり、まさに命が蘇ってくる。
 
しかし、こんな文句の付けようのない【鍋】、ある【鍋】だけは……ちょっと危ない。下手すると命の危険さえもある。
 
それは『闇鍋』(やみなべ)。
 
要は、食材は一品持ち寄りで、秘密。鍋の湯が沸騰してきたら、電灯をパチンと消す。これで室内は一寸先も真っ暗闇。ここで、各自持ち寄りの秘密の材料を鍋に放り込むのだ。
つまりこんな『闇鍋』、あくまでも各位の善意で成り立つ【鍋】なのだ。
 
学生時代、冬の下宿、それは極寒状態。ここは暖まりたい。悪友たちと【鍋】でも食べようかと。
しかし、みんな極貧で、人にお見せできるような食材は買えない。
ならば、善意ある友情を信じ『闇鍋』でと。
 
下宿の裸電球を消した。四畳半の部屋は真っ暗闇に。
悪友たちの食材が【鍋】に放り込まれた。そして、ぐつぐつと。
 
煮たって、さあ食べようと摘み上げると……、なんと野菜のヘタばっかり。八百屋からただで分けてもらってきたのだろう。
それと得体の知れぬ、犬がしゃぶるような骨付き肉、いや完璧に骨。これも肉屋のお下がりか?
 
そして、中に湯葉のようなものが……ふわりふわりと。
摘み上げれば、レースのハンカチ。
 
友人の弁によれば、マドンナのノンちゃんにもらってきたとか。
その言い訳は、鍋をマドンナ味にしたかったとか。
 
こんな『闇鍋』、もちろん善意で成り立ってはいたが……危険過ぎる。
しかし、それは充分以上に、心だけは暖めてくれたのだ。
 
とにかく、【鍋】、箸でつついた数だけ、思い出を刻んでくれるものなの……かもな?
 
 
 
16の6
   週
 
【週】、「しんにゅう」の上に「周」が乗っている。
「周」は方形の盾を十字に区分けし、そこへ模様を彫刻した形だとか。
 
そして【週】は七日間の時間単位。
歳を重ねてくると、朝が来て、夜になり、すぐ朝になる。
一週間が実に早い。そして、一ヶ月も一年もあっと言う間に過ぎ去っていく。
 
さらに言えば、人の一生は、まさに「白駒(はつく)の隙(げき)を過ぐるが如(ごと)し」だ。
これは老子の言葉で、人の一生は壁の隙間から見ていて、白馬が通り過ぎていくようなものだということだ。まことにそのように感じる。
 
そして、我が悪友の高見沢一郎も……生意気に、「人の一生は、一週間のごときもの」とほざいている。
つまり、〇~九歳は月曜日とし、そこから曜日を重ねていく。高見沢は、人の一生とは次のようなものだと言う。
 
〇~九歳     : 月曜日
一〇~一九歳 : 火曜日
二〇~二九歳 : 水曜日
 
三〇~三九歳 : 木曜日
四〇~四九歳 : 金曜日
五〇~五九歳 : 土曜日
六〇~六九歳 : 日曜日
 
さてさて、貴方は今……何曜日?
週末の花金? それとも土曜日?
日曜日はやっぱりハッピーサンデーであって欲しいものだ。
 
だが最近は七〇歳以上の方も多い。この一週間カレンダーを乗り越えて、もう一度月曜日からやり直す豪傑もおられる。
 
また、そこからもう……おまけ。後は日曜日が続くだけとする人も多い。まったく人それぞれだ。
だが、戦時中の一週間……『月月火水木金金』、これだけは御免被りたい。
 
とにかく【週】という漢字、模様が彫刻された盾の形。
だからなのだろうか、そこに彫られる人生模様は……様々ということなのかも知れない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 日本の信号
青緑 
 
 
 
 米国の信号
グリーン
 
 
 
 
 
 緑の黒髪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 項羽の妻の虞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 虞美人草
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ユカタン半島の
 チチュルブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 闇鍋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(壱拾七)
第17章  結 梟 糸 嘆 雛 則  
 
 
17の1
   結 
 
【結】、右部は「吉」で、力を閉じ込める意味がある。
昔、草などを結び合わせて魂を結び込める呪術があり、【結】は生命の安全を祈る気持ちだったとか。
また紐を「むすぶ」ことが、男女間で愛を誓い合う意味もあった。
 
そんな【結】、「一結杳然」(いつけつようぜん)という四字熟語がある。その「一結」は文章を締め括ることであり、「杳然」は深くかすかな状態のこと。
 
これにより「一結杳然」の意味は、『文章を締めくくった後に、匂うように余韻が残るさま』……のことだとか。
うーん、と唸ってしまう。この漢字一文字の旅、みなさまに読んで頂き、一結杳然となってもらっているだろうか?
 
香しく匂うような余韻……、そこまでは難しいが、堅く【結】ばれて、皆さまと御一緒に旅を続けたいものだ。
 
 
 
17の2
   梟 
 
【梟】、これは鳥の「ふくろう」だ。
その【梟】、習性は木の上に「ふくろう」の死骸を晒(さら)して、小鳥を脅すとか。だから、「木」の上に「鳥」で……【梟】となるようだ。
それって冗談? と言いたくなるが、日本全国の山林にすむ。
 
大きさは五十~六十センチ、色は灰褐色。目は大きくて夜行性、昼間はほとんど気楽に眠ってる。また、頭の形は頬かむりしているような姿。
だが、同種に木菟(みみずく)がいる。そやつはミミズを食うから「みみずく」かと解釈したが、これが違った。
 
【梟】にはない耳が突き出ているので、「木」の「兎」(ウサギ)。「木菟」となったそうだ。
 
そんな従兄弟を持つ【梟】、冬の季語となっている。なぜなら【梟】、特に冬の夜に「ホーホー」、その鳴き声は哀愁があり、心に沁みる。
それでなのだろうか、えらくネガティブに、「ぼろ着て奉公」
鳴き声をそう聴く人たちが多かったとか。
 
そんな【梟】だが、今は『不苦労』に『福郎』、そんな置物やアクセサリーとなり、少なくとも各家庭に多く棲みつくようになった。
 
そして、今夜も鳴いてくれるだろう……宝宝(ほうほう)と。
 
 
 
17の3
   糸 
 
【糸】、絹の「いと」をより合わせた束であり、元は「絲」、糸を二つ並べた字「シ」であった。それが簡略され、【糸】になったとか。
こんな【糸】、生糸、木綿糸、毛糸、凧糸など種類が多い。その中でも面白い糸が『蜘蛛の糸』だ。
 
芥川龍之介は書いた。
お釈迦さまが極楽の蓮池(はすいけ)から地獄を覗(のぞ)くと、一生に一度だけの善行、蜘蛛の命を助けたカンダタという泥棒がいた。
それに免じて、極楽に導いてやろうと一本の蜘蛛の糸を垂らされる。
 
カンダタはもちろんそれを掴み、極楽に行こうと昇るが、下を見ると他の罪人たちが続いてくる。このままじゃ蜘蛛の糸は切れると思い、下りろ! とわめいた。
するとカンダタのところからぷつりと糸は切れ、再び地獄へと落ちて行った。
 
こんな粗筋だが、果たして蜘蛛の糸の太さは一体どれくらいのものだったのだろうか?
通常網を張ってる蜘蛛の糸の径は、五マイクロメートル、つまり千分の五ミリメートルだ。
 
人の髪の毛が〇、〇五ミリメートルで、その十分の一の細さ。
そらあー切れて当然となるが、しかし、同じ太さで換算すれば、蜘蛛の糸は鋼の五倍も強い。 
 
もし蜘蛛の糸を束ねて一ミリメートルにすれば、人一人は吊り下げられると言われている。
お釈迦様も人が悪い。極楽から垂らした蜘蛛の糸、せめて二、三ミリメートルの太さのものにしてやれば良かったのに。
 
ならば、この現代で最も強い糸ではどうだろうか。それは炭素から作られるナノチューブ。
一ミリメートルの太さで、一トンの重さに耐えられると言われている。
もしお釈迦さまが蜘蛛の糸ではなく、ナノチューブの糸を垂らしていれば、決して切れることもなく、十人くらいの罪人は極楽へと昇れたのかも知れない。
 
きっとこんな発想から思い至ったのだろう。ある建設会社が発表した。
二〇五〇年までに、天上九万六千キロメーターまで昇れる宇宙エレベーターを供用開始すると。
そして、それはナノチューブで作られる。
 
蜘蛛の糸の結末は、自分だけ地獄から抜け出そうとしたカンダタ、その浅ましさから糸は切れ、地獄に落ちるのは当然だとお釈迦様は思いを改められた。
 
さてさて宇宙エレベーター、天上の極楽におられるお釈迦様、どんなコメントをされるのかな?
 
 
 
17の4
   嘆 
 
【嘆】、音読みで(タン)、訓読みでは(なげく)。意味は、現在の状況、事態を無念に思い、それを口に出して言うこと。
 
こんな【嘆】、元々の意味は……飢饉の時に雨乞いで、神に仕える人を火で焼き殺し、祝詞(のりと)をあげて神に訴える意味だとか。
まことに恐ろしい話しが根元にある。
 
しかし、こんなことも知らず、今を生きる現代人、まったく嘆き放題の日々のようだ。そしてそれは、手慣れた祝詞ののようにも聞こえてくるから不思議なものだ。
こんなおぞましく、かつ慣れ親しんでいる【嘆】、実は一千年前のかぐや姫まで【嘆】いていた。
 
おのが身はこの国の人にもあらず。
月の都の人なり。
それを昔の契りありけるによりてなむ、この世界にはまうで来たりける。
 
いまは帰るべきになりにければ、この月の十五日に、かのもとの国より、迎へに人々まうで来(こ)むず。
さらずまかりぬべければ、思(おぼ)しなげかむが悲しきことを、この春より思ひ嘆き侍るなり。
 
これを意訳すれば……。
あたいは月の都の者よ。前世からの宿命でね、この世に来ちゃいました。
そやけど、もう月に帰らなあかんねん。 
八月十五日になったら迎えが来てくれはります。
 
翁がそれを悲しまれると思うと悲しくってね、この春からずっと……嘆いてたん……どすエ。
 
こんな【嘆】き、
「消費税、上げるって、なんでやねん」と嘆いてるのと、ちょいと違うかも。
 
時は一千年前、だけど、その頃の【嘆】、京風で……ちょっとSFチック……どしたがな。
 
 
 
17の5
   雛 
 
【雛】、それは「雛鳥(ひなどり)」のことで、鳥の子。一人前までにはまだほぼ遠いが、未来への可能性を充分秘めている。
 
音読みでは「すう」と読み、伏龍鳳雛(ふくりゆうほうすう)という四字熟語がある。
意味は、寝ている龍、そして鳳凰の【雛】のようにまだ世には出ていない。だが将来大きな力や才能を発揮するであろう者のことらしい。
 
そして、人間の【雛】を祝うのが雛祭り。
芥川龍之介は、約九〇年前の大正十二年に短編小説「雛」を発表した。
 
お転婆の十五のお鶴の家では、生活に困りお雛さんをアメリカ人に売り渡すことになった。お鶴はさほど愛着はなかったが、されど売られる前に飾っておきたい。
飾りたいと言うと、父母兄がひどく怒る。もう手付けが打たれていて、それはすでに他人の物だとか。
 
しかし、売り渡されて行く前夜、ふとお鶴が目を醒ますと、父がそれを飾っていた。
あれは夢だったのかと、老いてしまったお鶴が振り返る。
 
【雛】、それはいつも……、
どことなく郷愁をそそる物語がそこにあるのだ。
 
 
 
17の6
   則 
 
【則】、かって重要な契約事項を祭器に刻み保存した。それを守るべき【則】(のり、おきて)としたとか。
そして現代で言えば、社会的な規則だ。法律から始まり、実にいろいろな【則】がある。
 
また、それが地方によって微妙に異なってくるから、やっかいだ。
最も代表的な規則、つまり暗黙のルールがエスカレーターの乗り方。東京地区は、急がない人たちは見事に左側に並んで昇っていく。その統制取れた形はまことに美しい。
 
だが、もしそのルールを知らずに右に立っていれば、お前はそれでも人間かと睨まれる。
 
しかし、これが大阪に行けば、みんな右に立つ。東京と丸っきり反対なのだ。
そして、時々……、それを知っての内で、ちょっと恐そうなお兄さんが通路をふさぐ。
 
いずれもまことに厄介なことだ。
で、ここで一つクエスチョンを。
エスカレーターの乗り方、京都の場合は一体どういう【規】(ルール)となってるのでしょうか?
 
答は、実に簡潔明瞭……。
とにかく『前の人に従う』だ。
 
前の人がエスカレーターの左にいたら、左に。右にいたら右に並ぶ。すべては前の人次第が常識となっている。
これが割に気楽で、すべては出たとこ勝負。
 
ここは東京、だから左に、あるいはここは大阪、だから右にと心構える必要なし。すべては前の人次第。
 
ならば、自分が先頭に立ってエレベーターに乗った時、どちらに立つべきなのだろうか?
 
ええおとこはんが、そないなことに、きばらんと……。好きにしやはったら、よろしおすえ……と、アホにされるのがオチかも。
 
とにかく【規】、地方によって様々のようだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
梟 (ふくろう) 
 
 
 木菟 (みみずく)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 宇宙エレベーター
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かぐや姫 
 月に旅立つ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 東京
 
 
 
大阪 
 
 
京都 
 
 
 
 
 
(壱拾八)
第18章  口 笛 城 生 杏 終 
 
 
18の1
   口 
 
【口】は象形文字。明らかに「くち」の形だ。
そして、その中に入れるものは食べ物だけではない。漢字もいろいろと入る。
 
囚、因、回、団、困、囲、図、固、国などがある。
 
人を捕まえて、【口】の囲いに入れて「囚人」となる。
「国」は元の字は「國」。城壁の形の【口】、それを戈(ほこ)で守る「或」が入り、「國」となったそうな。
 
「おとり」は、鳥を捕らえる時、誘い寄せるために使う同類の鳥のこと。招き鳥(おきとり)が音変化したものだが、漢字では、囲いの【口】の中に入れて「化」かすから、「囮」だって。まさに絶妙だ。
 
また「回」は、【口】の中に【口】がある。えらいことだと思うが、淵で水がぐるぐるまわる形だとか。
 
だが、この字にはかなわないだろう。
「幸」を【口】の中に入れた「圉」いう字がある。
 
(ひとや)と読み、「幸」を一人囲い込み、幸せ一杯かと思いきや、意味はなんと……罪人を閉じ込める「牢屋」のこと。
史上最強に皮肉な漢字なのだ。
 
とにかく【口】は鼻の下にある【口】だが、他に城壁になったり、囲いになったり、水の渦までにもなって、そして牢屋にもなる。
 
その【口】の中にいろいろな漢字を入れて、洒落まで持たす『大口』なのだ。
 
 
 
18の2
   笛 
 
【笛】、「由」の上に「竹」冠。
この「由」は瓢箪の実が熟し、中が空っぽになった状態だとか。それに「竹」が乗り、【笛】となる。
 
トルコの山奥に、「Kuskoy」と言う村がある。
そこの人たちは「口笛族」と呼ばれている。なぜなら、すべての会話を鳥のように口笛をふいて行う。
 
たとえ二百メートル離れていても、ピーピーピーと。かなり難しい話しも、これでこなしてしまうらしい。
例えば、穀物相場が今日上がったとか下がったとか。あるいは「愛してます」を、ピーピピピーと。
 
しかし、こんな伝統言語、最近ケイタイ電話が普及して危機に瀕しているらしい。
 
それにしても、こんな話し……ホント?
眉唾ものだと思っていたが、「You Tube」にあった。
 
時間ある御仁は、御参考に。
http://www.youtube.com/watch?v=bQf38Ybo1IY
 
とにかく【笛】、「たて笛」、「よこ笛」、「ゆび笛」、そして「口笛」などがある。
そしてピーヒャララとふかれるものは、メロディーから言葉まで。いろいろあるものだ。
 
 
 
18の3
   城 
 
【城】、右部の「成」は戈(ほこ)に飾り付け、お祓(はら)いすることだとか。
したがって、【城】とは清められた場所ということだそうだ。
 
そんな【城】、歴史の中で様々なドラマを生んできた。その一つが琵琶湖の湖北の山城、小谷(おだに)城だ。
時は約四四〇年前の一五七三年、城主の浅井(あざい)長政と織田信長の妹のお市の方、この二人は政略結婚ではあったが、仲睦まじく暮らしていた。
 
しかし、同朋の越前の朝倉義景が織田信長と対立した。これにより織田家/浅井家の友好関係は破断してしまう。
豊臣秀吉は織田信長の命を受け、三万の兵をもって攻めた。
こうして小谷城は落城した。
 
それは浅井長政二九歳、お市の方二六歳の時のことだった。
そして浅井長政は無念の自害。しかし、お市の方は生き延びることを選択する。
燃え盛る炎の中から、茶々、初、江の幼い浅井三姉妹を連れて【城】から下りてきた。
 
    小谷城 

三姉妹も眺めた遠望

遠くに竹生島が見える

 
しかし、長男の万福丸は殺害され、次男の万寿丸は出家させられる。
それから九年の歳月が流れた。一五八二年六月に本能寺の変が起こった。この明智光秀の謀反で、織田信長は没す。  
 
その三ヶ月後、お市の方は三姉妹を連れて柴田勝家と再婚する。
しかし、穏やかな日々はそう長くは続かなかった。翌年の四月二三日、秀吉が越前の北の庄城(福井)を攻める。 
 
お市の方は前回小谷城で浅井長政を残し、生き延びた。多分、なにか心に去来するものがあったのだろう。今回は死を選んだ。
夫の柴田勝家と共に城に火を放ち、炎の中で自刃する。
 
しかし、この時……茶々は十六歳、初は十四歳、江は十二歳。浅井三姉妹は【城】から出てきた。
 
【城】、それは住む者たちの生と死を分けていく。
そして、そこからまた【城】は新たなドラマを生みだしていくことになるのだ。
 
 
 
18の4
   生 
 
【生】、草が生え育つ形だとか。
一五八三年、柴田勝家とお市の方は城に火を放ち、炎とともに自刃した。
 
その時の勝家の辞世の句は、
『夏の夜の 夢路はかなき あとの名を 雲井にあげよ 山ほととぎす』
 
意味は、夏の夢のように短く、はかない人生だった。私の名が後世まで語り継がれるように、山ほととぎす、雲の上まで飛んでくれ。
 
一方、お市の方は詠んだ。
『さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜の 別れを誘ふ ほととぎすかな』
 
ほととぎすは、冬から春に飛んで来る鳥。黄泉(よみ)の国から来ると思われていた。
ほととぎすを掛け合った夫婦の辞世の句、そこには【生】の儚さがある。
 
しかし、城から逃れ出てきた茶々(十六歳)、初(十四歳)、江(十二歳)。そこから浅井三姉妹は波瀾万丈に【生】きる。
 
お市の方の面影が一番残る茶々は秀吉の側室に。後に絶大な権力を振るうが、大坂夏の陣で、大坂城は落城。淀殿(茶々)は四七歳、息子の秀頼とともに自刃する。
 
初(十八歳)は近江の名門、京極家の高次に嫁ぐ。そして四十歳の時、夫は亡くなり、出家する。その後、豊臣家と徳川家が対立し、豊臣方の使者として仲裁に奔走する。しかし、結果は大坂夏の陣で豊臣家は滅亡。
その後、京極家の江戸屋敷で過ごし、妹の江によく会っていた。姉妹の中で最も長寿の六四歳で没す。
 
江(二三歳)は、徳川家康の嫡男・秀忠と三度目の婚姻をはたす。その後、千姫、家光を含む二男五女をもうける。家光が三代将軍になった三年後、五四歳で没す。
 
【生】は、草が生え育つ形。
茶々、初、江の浅井三姉妹、まさにその通りに育ち、そして戦国の世で、母の分まで【生】を全うしたのだ。
 
 
 
18の5
   杏 
 
【杏】、木の枝に実をつけている象形文字だとか。訓読みで(あんず)、音読みで(キョウ)。
 
さてさて、ここで問題が。
春の四姉妹、すなわちバラ科の梅・桃・桜・杏。これらを見分けることができるだろうか?
 
梅は
幹が黒くてゴツゴツ、葉は卵形で、花びらは円く、花は枝の根元で多く咲き、咲き終わってから葉が出てくる。
 
桜は
幹に横縞があり、葉はギザギザ、花びらはM字型で、花は枝の先っぽに多く咲き、葉が出てくる時期はいろいろ。
確かに梅と桜は一目で判別できる。ならば、それらに桃と杏が加われば……?
 
桃は
幹に少々横縞ありで、葉は長い楕円形、花びらは先尖りで、花は木にまんべんなく咲き、葉は花と同時に出てくる。
 
杏は
幹は赤みある褐色、葉は広めの楕円形、花びらは円く、花は木にまんべんなく咲き、咲き終わってから葉が出てくる。
 
そんなややこしい春の四姉妹。
その中でも【杏】、西洋ではアプリコットと呼ばれ、淡紅色もしくは白色の美しい花が咲き、その果実は薬効がある。
杏仁(あんにん)で咳止めに効く。
 
そして、【杏】には友達がいる。
それは銀の【杏】、「銀杏(ぎんなん)」だ。秋に採り、冬に食べる実だ。
 
ビタミンB、C、βーカロテンなどがあり、栄養価が高い。このβーカロテンが活性酸素の働きを抑えてくれるらしい。そのため老化防止、そして肌荒れやニキビにも効果あるようだ。
だが、メチルビリドキシンという毒素があり、痙攣を起こしたりもする。
少し危険だ。
 
大人は十粒までで、子供は三粒までらしい。
春の四姉妹、梅・桃・桜・杏でこんがらがって、焼酎ロックで脳洗浄。
その充てにと、炒(い)った銀杏……確実に十粒は越える。
 
その挙げ句……オッサンが銀杏で中毒死。
遠因は梅・桃・桜・杏。
 
こんなのを……春の悪夢というのかな。
 
 
 
18の6
   終 
 
【終】は、糸の末端を意味する「糸」偏に「冬」。
その「冬」は四季の「ふゆ」の意味だが、元々は編み糸の末端を結びとめた形だとか。
 
いずれにしても、末端末端で、【終】は必然的に「おわり」の意味になったのであろう。
そんな【終】の熟語で、難解な読みがある。それは「終日」と「終夜」だ。
 
「終日」は(しゅうじつ)でもあるが、(ひねもす)と読む。
『春の海 終日(ひねもす)のたり のたりかな』
与謝野蕪村の俳句の……ひねもす……だ。
 
「終夜」は(しゅうや)だが、(よすが)と読む。
『冬は落葉深く積みて 風吹く終夜(よすが) 物の囁く音す』
国木田独歩の「武蔵野」の一節だ。
 
【終】は、そんな情緒ある言葉を作る。そして、そんな中でも、最も旅愁を誘う言葉が『終着駅』だ。
女優・ジェニファー・ジョーンズと男優・モンゴメリー・クリフトがローマのテルミニ駅を舞台に、ラブストリーを演じた。
米国人の人妻メァリーはローマで一人の青年のジョヴァンニと恋に落ちる。
 
しかし、数日が過ぎ、帰国しなければならない。
いろいろな騒動が起こった。
しかし、メァリーは列車に乗って去って行く。
 
悲劇を知らずに。そして、メァリーの新しいドラマへと。
この映画の原題は「Stazione Termini」、それを日本語に訳せば「終点」。
 
しかし、この映画の内容からして、『終着駅』という言葉が生み出され、邦題として命名された。
旅の終わりに辿り着く駅、確かにそれは『終着駅』。
 
しかし考えてみれば、それは決して終わりではないように思う。そこからまた新しいドラマが始まる『始発駅』なのかも知れない。
 
本エッセイの漢字一文字の旅、百八つの漢字を訪ねる旅はここに完了いたしました。
だが、この【終】は……新たな旅への『始発駅』としたいものと考えています。
 
旅は道連れ、世は情け。
ここまでご一緒に旅をして頂き、皆さまの熱い情けに感謝申し上げます。
 
                    【終】
 
 
 
 
ここまで読んで頂き、ありがとうございました。 
 
漢字一文字の旅、第二巻へと続きますので、
再会を楽しみにしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 口笛族
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 浅井三姉妹
 
 
 小谷城 本丸跡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 茶々、初、江
 母・お市の方を
 城に残し、
 下りてくる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 トップページへ
鮎風 遊 




  (1)
作家 
鮎風遊の作品   群青   電子書籍の本棚 
 小説、詩、エッセイ   創作工房 『群青』
ホームページ/メンバ-の作品
鮎風遊、群青メンバーの
電子書籍の本棚
  




  (2)  (3)
 パソコン絵師   写真
鮎風遊の作品    MOMO パソ絵仲間の作品 写真集  
  パソ絵の紹介  




(4) (5)  (6) 
 ゴルファ-  株・夢追い人  漢字一文字の旅
エッセイなど    エッセイなど  漢字一文字の旅

上に戻る




  (7)
  徒然 (つれづれ)
  徒然
 HP 内  ブログ  YouTube 劇場   趣味人倶楽部
 雑談 見聞録    YouTube    劇場   日記
       
会員登録 →  
 
鮎風遊を検索 
         
         
         
         
         
     Copyright (C) 2012 Yuu Ayukaze. All Rights Reserved